「ワールドクラスだ」「もっと彼を使え」 ブライトン三笘の“翻弄ドリブル”を海外絶賛、アーノルド転倒の足技に驚き「上手すぎる」

リバプール戦の後半途中から出場した三笘薫【写真:Getty Images】
リバプール戦の後半途中から出場した三笘薫【写真:Getty Images】

リバプール戦のドリブル突破シーンにクラブ公式再脚光、海外ファンから賛辞続々

 イングランド1部ブライトンの日本代表MF三笘薫は、10月1日のプレミアリーグ第9節・リバプール戦(3-3)で後半途中から出場。短時間ながらも存在感を発揮したなか、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドを翻弄するドリブル突破シーンにクラブ公式SNSが再脚光を当てると、海外ファンからは「上手すぎる」「ワールドクラス」と賛辞が続々と寄せられている。

 リバプール戦の後半20分から途中出場した三笘は、2-3とビハインドの状況で迎えた同38分、左クロスからベルギー代表FWレアンドロ・トロサールの同点ゴールを演出。リバプールDFフィルジル・ファン・ダイクがわずかに触ったためプレミア初アシストは付かなかったものの、チームに貴重な勝ち点1をもたらす働きを見せた。

 そんななか、話題となったのがアーノルドとのマッチアップシーンで見せた圧巻のドリブル突破シーンだ。後半27分、左サイドでパスを受けるとゆっくりとボールを持ち出し、右に行くと見せかけて、逆方向へ急加速。この動きでピッチに転倒したアーノルドを尻目に、さらにエジプト代表FWモハメド・サラーもかわし、チャンスを演出しかけてみせた。

 クラブ公式SNSは「You can’t stop Kaoru(カオルを止められない)」と綴り、このシーンに再脚光。動画をアップすると、海外ファンからはそのテクニックへ「彼は上手すぎる」「素晴らしい」「最もエキサイティングなプレイヤーの1人」「ワールドクラスのスーパーサブだ」「もっと彼を使え」といった賛辞が続々と上がり、“世界最高”との呼び声もあるアーノルドを翻弄したことから「哀れなトレント」との反応も寄せられている。

 グレアム・ポッター前監督がチェルシーへ引き抜かれたブライトンにとっては、このリバプール戦がロベルト・デ・ゼルビ新監督の初陣。イタリア人指揮官へ存在価値をアピールした三笘の圧巻テクニックは、現地ファンの心をしっかりと掴んだようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド