森保ジャパン、カタールW杯メンバーを海外メディア予想 MF枠に“サプライズ”?「滑り込みの可能性」と指摘

ブラジルメディアが本大会メンバーを予想【写真:Getty Images】
ブラジルメディアが本大会メンバーを予想【写真:Getty Images】

エクアドル戦の好守でアピールした守護神シュミットの選出を有力視

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランキング24位)は9月27日、ドイツ・デュッセルドルフで行われた国際親善試合でエクアドル代表(同44位)と対戦し、0-0と引き分けた。カタール・ワールドカップ(W杯)メンバー発表前ラストの実戦となる9月シリーズを1勝1分で終えたなか、ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」が本大会メンバーを予想している。

 森保ジャパンは9月23日の国際親善試合アメリカ戦(同14位)に、MF鎌田大地(フランクフルト)とMF三笘薫(ブライトン)のゴールで2-0と快勝。その後、DF冨安健洋(アーセナル)がクラブ事情、GK権田修一(清水エスパルス)が負傷でチームを離れたなか、森保監督はエクアドル戦で4-2-3-1システムを引き続き採用し、スタメン11人を総入れ替えした。

 日本はアメリカ戦同様、相手ボール時にはトップ下に入ったMF南野拓実(ASモナコ)がFW古橋亨梧(セルティック)と並んで2トップのように前線からプレッシャーをかける姿勢を見せたが、エクアドルが後方を3枚に変化させつつ、ボールの受け際で日本のプレッシャーを受けながらもキープして展開する技術と強さを見せたことで、それほど高い位置でボールを奪えなかった。

 後半はFW上田綺世(セルクル・ブルージュ)を投入して戦況が回復したが、後半35分過ぎにはDF谷口彰悟(川崎フロンターレ)がファウルでPKを献上して大ピンチ。これを守護神シュミット・ダニエル(シント=トロイデン)がファインセーブして引き分けでゲームを終えた。

 これで、カタールW杯メンバー発表前の前の活動はすべて終了。「グローボ・エスポルチ」は9月シリーズを基に、メンバー選出に関して見解を述べている。

<GK>
権田修一(清水エスパルス)
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン)
川島永嗣(ストラスブール)

「シュミットは招集枠を確保し、権田修一、川島永嗣とトリオを形成するだろう」

今、あなたにオススメ

トレンド