三笘薫は「スイッチが入ると弾丸」 推進力あふれる突破に海外記者も脱帽「ボールを持って飛んでいく」

日本代表MF三笘薫【写真:Getty Images】
日本代表MF三笘薫【写真:Getty Images】

前半をスコアレスで折り返したなかで攻撃を牽引

 森保一監督率いる日本代表は9月27日、ドイツ・デュッセルドルフでの国際親善試合でエクアドル(FIFAランキング44位)と対戦。前半を0-0で折り返したなか、先発起用されたMF三笘薫(ブライトン)のキレのあるプレーに、海外記者も驚きの声が上げている。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 9月23日の国際親善試合アメリカ戦で2-0と快勝した森保ジャパンは、エクアドル戦でスタメンを総入れ替え。攻撃陣は2列目にMF堂安律(フライブルク)、MF南野拓実(ASモナコ)、三笘、1トップにFW古橋亨梧(セルティック)が入った。

 一進一退の攻防が繰り広げられるなか、日本は前半5分、カウンターから三笘が左サイドをドリブルで駆け上がろうとしたところを、エクアドルもイエローカードで止めて突破を許さない。それでも、スピードと推進力を感じさせるシーンだった。

 三笘はさらに前半7分、左サイドからカットインしてクロスを供給。ゴール前にいた南野のヘディングシュートは枠を捉えられなかったが、攻撃を牽引するプレーが続いた。

 前半40分に古橋が相手のミスから決定機、エクアドルも同43分に右ポスト直撃の決定機を迎えるもゴールはならず、0-0のスコアレスで前半を折り返した。

 戦術アナリストのパオロ・デルガード氏はツイッターで、「(右サイドバックの)バイロン・カスティージョ以上のスピードを持つ選手を見たことがなかった。三笘はボールを持って飛んでいく」と投稿。スペイン語版ラジオ「Radio TV SONO ONDA 99.7」などに携わるディエゴ・ブリオネス記者も、「三笘はブライトンが獲得した新戦力の好例。スイッチが入ると弾丸だ」と感嘆の声を上げていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング