三笘薫の「美しいプレー」に海外記者が脱帽 米国手玉のドリブルに注目「あまりにも簡単に突破」

日本代表MF三笘薫【写真:Getty Images】
日本代表MF三笘薫【写真:Getty Images】

アメリカMFテイラー・アダムスのマークをモノともせず

 森保一監督が率いる日本代表は9月23日、ドイツ・デュッセルドルフでアメリカ代表と国際親善試合を行い、MF鎌田大地(フランクフルト)とMF三笘薫(ブライトン)のゴールで2-0と勝利を収めた。三笘は自慢のドリブルでゴールをこじ開けたが、海外記者は「見ていて美しいプレーだった」と称えている。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 4-2-3-1システムを採用した日本は、前半25分にショートカウンターからトップ下でスタメン起用された鎌田が先制ゴールを奪う。後半に入って次々と新たなメンバーを起用し、後半23分からMF堂安律(フライブルク)と三笘を投入。するとこの2人が攻撃を活性化させ、終了間際の後半43分に三笘が衝撃を与える。

 左タッチライン際でパスを受けた三笘が、相手ゴール方向へ身体を向けるとドリブルを開始。ここで1人目の相手が対峙したなか、三笘のドリブルに合わせて下がりながら間合いを図るも小刻みなフェイントに翻弄されて寄せられずにいると、背後から寄せた2人目の相手もボールに触れずに置き去りに。エリア内で3人目が立ち塞がったが、勢い良く突破してきた三笘からボールを奪えずにシュートを許している。

 2021年11月に日本代表デビューし、2022年3月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア戦で初ゴールを含む2得点を挙げた三笘。この日までに8試合で5ゴールを記録し、個人技の凄みを見せつけている。データ分析会社「オプタ」によれば、今年に入っての5ゴールはチーム最多で、その間の決定率は63%(5/8)だという。

 英メディア「The Athletic」などに寄稿するジャック・コリンズ記者は、自身のツイッターで「三笘の見事なフィニッシュ。チームとして機能し、見ていて美しいプレーだった」と称賛。米メディア「CBS Sports Golazo」のニコ・キャンター記者も、「ほとんどすべてのデュエルで三笘のユニフォームの背番号を見ることになった。(アメリカMF)テイラー・アダムスがプレッシャーを与えても、三笘はあまりにも簡単に突破してみせた」と個人技のキレに脱帽していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド