リバプールMF南野拓実、移籍金5億円“下落” 日本人アタッカー放出へ妥協? 海外注目「決別が近づいている」

去就が注目されているMF南野拓実【写真:Getty Images】
去就が注目されているMF南野拓実【写真:Getty Images】

今夏リバプール退団が有力視、移籍金の変化に韓国メディア注目

 イングランド1部リバプールに所属する日本代表MF南野拓実の去就動向が熱を帯びるなか、韓国メディアは移籍金が下落している現状に注目し、「リバプールとの決別が近づいている」と指摘している。

 南野は今季公式戦24試合に出場して10得点を記録。カップ戦メインでの起用ではあったが、限られた出番の中で2桁得点を達成。FAカップで3得点、リーグカップで4得点といずれもチーム最多得点を記録し、国内カップ2冠達成に大きく貢献した。

 リバプールとの契約は2024年まで残しているものの、来季もスタメン確保が難しい状況から、海外メディアではイングランドやフランス、イタリアなどの複数クラブが新天地候補に浮上。なかでも、フランス1部ASモナコ入りが最有力候補だとされている。

 南野の移籍金は当初、1700万ポンド(約28億円)とされていたが、移籍動向に精通するイタリア人ジャーナリスト、ファブリツィオ・ロマーノ氏による情報では「1450万ポンド(約23億円)のオファーがあれば十分」との指摘もされているという。

 こうしたなか、韓国紙「スポーツ朝鮮」は「リバプール退団を前に移籍金が下落、1700万ポンド→1450万ポンド」との見出しを打ち、南野の去就動向に注目。移籍金の値引きが報じられたことを受け、「南野拓実はリバプールとの決別が近づいている」と報じ、複数クラブから関心を寄せられている現状にも触れていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング