日本代表、ブラジル相手に善戦 ネイマール、ヴィニシウスらが牙剥くも…攻勢凌ぎ0-0で前半終了 

ブラジルの猛攻をしのぎ0-0で後半へ【写真:高橋 学】
ブラジルの猛攻をしのぎ0-0で後半へ【写真:高橋 学】

ブラジル代表と国際親善試合、改装後では初となる国立競技場で実施

日本代表は6月6日にブラジル代表と国際親善試合を行い、改装後では初となる国立競技場でのゲームは0-0でハーフタイムを迎えた。

 日本は森保一監督が予告していた通り、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で多くの試合に出た選手がスタメン。そのなかで、最終ラインにDF板倉滉、中盤にMF原口元気、前線にFW古橋亨梧が入った。一方のブラジルは日本戦4試合連続ゴールのFWネイマールや、先日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦で決勝ゴールのFWヴィニシウス・ジュニオールをはじめとした豪華なスタメンが並んだ。

 戦前にも多くの選手が立ち上がりを警戒していたが、日本はブラジルのハイプレスを受けて苦しむと前半2分にはペナルティーエリア内でネイマールのヒールキックに、MFルーカス・パケタが突進。GK権田修一の逆を取るパケタのシュートが飛んだが、ゴールポストに当たって事なきを得た。

 全体的にはブラジルの攻撃が増えるなかで、日本もボールを持って前に進む時間帯を作った。左サイドからFW南野拓実が切り込む形から相手のファウルやコーナーキックにつなげる場面もあったが、ビッグチャンスを作ることはできなかった。逆に、前半27分には完全に押し込まれてネイマールに得意の中央やや左サイドから強烈なミドルを放たれたが、権田のファインセーブで凌いだ。

 強い雨が降る中で日本は苦しみながらも0-0で前半を終えて、後半に勝負を持ち越した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング