レバンドフスキ獲得へ? バルサ監督のシャビ、ベテラン獲得に見解「年齢は重要ではない」

バイエルンFWレバンドフスキとバルサのシャビ監督【写真:AP】
バイエルンFWレバンドフスキとバルサのシャビ監督【写真:AP】

レバンドフスキの“獲得説”が噂、バルサ監督が30代半ばを迎える選手の獲得に持論

 スペイン1部バルセロナは、2022-23シーズンに向けてストライカーを探していると報じられている。ドイツ1部バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは、その有力候補とされているなかで、シャビ・エルナンデス監督は8月には34歳となるストライカーの獲得にも前向きのようだ。スペイン紙「スポルト」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 バイエルンと来シーズンまでの契約を残しているレバンドフスキだが、ドイツではすでにクラブに対して退団の希望を伝えたと報じられている。新たな挑戦を求めているとされるなかで、その移籍先候補として挙げられているのがバルセロナだ。

 現役時代、バルサで活躍したシャビは、レバンドフスキの名前こそ出さなかったものの、30代半ばを迎える選手の獲得についても、前向きな考えがあることを明かしている。

「年齢は重要ではない。私は、ダニ・アウベスと契約をして、うまくいっている。現代の選手たちは、しっかりと体調管理をしている。栄養管理士をつけ、努力をして、体調を整える。モドリッチ、イブラヒモビッチ、アウベスといった選手たちを見ればいい。非常に高いレベルにある。選手と契約をする際、私たちにとって重要なのはクオリティーがあることであり、求めるパフォーマンスを示せることだ。年齢は重要ではない。ピッチでのパフォーマンスが重要なんだ」

 今シーズンは公式戦46試合で50得点、ブンデスリーガで34試合35得点と1試合1ゴールを上回るペースで得点を量産したレバンドフスキ。この数字を見る限り、シャビ監督の求める質の部分は、しっかりと応えることができそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング