元日本代表MF松井大輔、カタールW杯で期待する3選手とは? 「この選手が活躍しないと勝利は見えてこない」

Y.S.C.C.横浜の元日本代表MF松井大輔【※画像はクラブ公式サイトのスクリーンショットです】
Y.S.C.C.横浜の元日本代表MF松井大輔【※画像はクラブ公式サイトのスクリーンショットです】

松井大輔が自身の公式YouTubeチャンネルで公開

 過去ベスト16に進出した南アフリカ・ワールドカップ(W杯)へ出場した元日本代表MF松井大輔(Y.S.C.C.横浜)が自身の公式YouTubeチャンネルを公開し、カタールW杯で期待する代表3選手を選出した。

 まず1人目は森保ジャパンの攻撃の要であるFW伊東純也(ヘンク)。アジア予選で大活躍だった伊東だが、また本大会に入ると「違う」と指摘。ドイツやスペインと対戦するため、「世界最高峰のディフェンスと対峙することになるので、そこで自分の力を見せることによってまたワンランクツーランクとレベルアップじゃないですけど、稲妻的なドリブルを」とさらなる飛躍を願った。また初戦のドイツ戦では「カウンターの両サイドがあれば1人でいける場合がある。カウンターを狙ったり、そういうところがねらい目になってくる」と助言した。

 2人目に名前が挙がったのはMF遠藤航(シュツットガルト)。ドイツやスペインと強豪と対戦するときには中盤の底がキーポイントになるとして「この選手が活躍しないと日本の勝利は見えてこない」と、まさに鍵を握る選手だと話した。ドイツでプレーしている選手として“攻略ポイント”を周囲に伝えることも遠藤の役目だとしている。

 最後はW杯アジア最終予選でも輝きを放ったMF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)。過去、松井が見てきた中でW杯で点を取って変わった選手、京都パープルサンガ時代に元韓国代表FWパク・チソン、マルセイユでともにプレーしたMFフランク・リベリー、最後はMF本田圭佑が「別人になって帰ってきた」という。そんななか、三笘には「ドイツから点を取ってほしい」と期待した。

 松井はYouTubeチャンネルでその理由を詳しく力説している。果たして、 伊東、遠藤、三笘がカタールW杯本大会で勝利を導くキー選手となるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング