「私たち…なんて素敵な言葉」 神戸イニエスタ、妻が街中ラブラブ模様で“絆”アピール

神戸でプレーするMFアンドレス・イニエスタ【写真:徳原隆元】
神戸でプレーするMFアンドレス・イニエスタ【写真:徳原隆元】

妻アンナ・オーティズさんがSNSで2ショットを投稿

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イエニスタは、タイで集中開催されているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に臨んでいるチームに帯同せず、グループステージ全休が決まっている。そのなかで、妻のアンナ・オーティズさんがインスタグラムで『「私たち」…なんて素敵な言葉』とイニエスタとの2ショットをアップしている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 イニエスタは日本で5シーズン目に突入。2018年5月にスペイン1部FCバルセロナから神戸へ加入し、1年目に14試合3ゴールをマークし、翌シーズンにはスペイン国籍の選手としては史上初となるJリーグベストイレブンに選出された。

 2月23日のJ1リーグ第9節先行開催の浦和レッズ戦(2-2)で今季初出場を飾り、同26日の第2節アビスパ福岡戦(0-0)で先発フル出場。3月6日の第3節サンフレッチェ広島戦(1-1)で今季初ゴールをマークしている。

 ただ、神戸はリーグ戦で7戦未勝利(4分3敗)と苦しい戦いが続き、三浦淳寛監督と3月20日付で契約解除。ヤングプレイヤーデベロップメントコーチのリュイス・プラナグマ・ラモス氏が暫定的に指揮を執り、その後、4月8日にミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督が就任した。

 神戸はACL参戦のためタイへ向かったなか、イニエスタは4月18日に自身のSNSで「グループリーグで一緒にいられなく残念です。絶対に目標を達成します。100%でプレーするために全力を尽くします。応援しています! バモス、ヴィッセル神戸!」と綴り、遠征に帯同せず、グループステージを全休することを明かしていた。

 神戸がグループステージ第2節で傑志(香港)に2-1で勝利した翌日、イニエスタの妻アンナさんがインスタグラムで『「私たち」…なんて素敵な言葉』と綴り、イニエスタと肩を寄せ合って街中で撮影したモノクロ仕様の2ショットを披露。ファンからは「美しいカップル」といった声が上がったほか、同僚の元スペイン代表FWボージャン・クルキッチも「いいね」で反応している。イニエスタにとっても、愛妻との時間は束の間のひと時となったに違いない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング