「死の組確定」 スペイン&ドイツと同居の森保ジャパンに韓国メディア言及「不運」

日本代表はスペイン、ドイツと同組となった【写真:高橋 学】
日本代表はスペイン、ドイツと同組となった【写真:高橋 学】

ドイツは「ポット1クラスとなんら変わりない」と評価

 カタール・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会が現地時間4月1日に開催され、7大会連続出場の日本は優勝経験を持つスペインとドイツと同じE組に振り分けられた。韓国メディアは「日本にとって不運」と“死の組入り”を伝えている。

 日本はW杯アジア最終予選をB組2位で通過し、FIFAランキングを基にポット分けされて実施された抽選会では第3ポットに入った。そして、日本が振り分けられたE組は、すでに第1ポットからスペイン、第2ポットからドイツが組み分けられていた厳しいポジションとなり、さらに第4ポットには北中米カリブ海のコスタリカと、オセアニアのニュー時ランドによる大陸間プレーオフの勝者が入ることになった。

 スペインは2010年の南アフリカ大会を制した強豪で、欧州予選はスウェーデンなどが入った組を首位通過。ドイツもW杯を4回制した強豪中の強豪で、今回の欧州予選は北マケドニアなどのグループを首位通過している。

 日本と同じアジア代表である韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」は、「日本は死の組確定」と速報。韓国の総合ニュースサイト「イーデイリー」も、「スペイン、ドイツという絶対的な猛者たちと対戦することになったのは、日本にとって不運だ。今回の抽選でポット2最強チームのドイツは、通算4回も優勝している。FIFAランキング上ポット2となったが、事実上ポット1クラスとなんら変わりない」と伝えている。

 なお、韓国はポルトガル、ガーナ、ウルグアイと同じH組となっている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング