ベトナムにとって「歴史的な勝ち点」 アウェー日本戦の“有終の美”にAFCにも注目

予選の最終戦で勝ち点1を獲得したベトナム代表【写真:高橋 学】
予選の最終戦で勝ち点1を獲得したベトナム代表【写真:高橋 学】

グループ最下位ながら敵地での日本戦で勝ち点1を獲得

 日本代表は3月29日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第10節、ホームでのベトナム戦を1-1の引き分けで終えた。すでに本大会出場は決めていたものの、この試合結果についてアジアサッカー連盟(AFC)では、「ベトナムにとって歴史的な勝ち点」とレポートしている。

 日本は3月24日の敵地オーストラリア戦に勝利し、B組の2位以上と本大会出場を決めた。このベトナム戦に森保一監督は前日会見での宣言通りに大幅なメンバー入れ替えを実施し、DF吉田麻也とDF山根視来を除く9人がスタメン変更。前線ではオーストラリア戦で2ゴールのFW三笘薫、FW上田綺世、FW久保建英が3トップを組んだ。

 しかし、日本は立ち上がりからメンバー変更による連携不足が顕著な試合運びとなり、ボールを前進させる局面のスムーズさを欠いた。前半20分には、この試合で最初のコーナーキックをベトナムに与えるとファーサイドのボールに対して数的不利になり、DFグエン・タイン・ビンにヘディングで叩かれて失点。先制を許してしまった。

 後半には選手交代や4-2-3-1へのシステム変更も駆使して戦況を打開に掛かり、後半9分にDF吉田麻也が同点ゴール。その後も多くのチャンスは作ったが、決定力を欠く場面やハンド、オフサイドによりゴールが取り消される場面が連続し、このまま引き分けに終わった。

 この結果について、AFCでは「ベトナムが日本を抑え、有終の美を飾る。キャンペーンを締めくくる歴史的な勝ち点を手に入れた」とレポート。日本については「サムライブルーは7連勝でグループステージに幕を下ろすことに失敗した」と伝えた。

 ベトナムは1勝1分8敗のグループ最下位で戦いを終えることになったが、アウェー日本戦を引き分けに持ち込んだことには高い評価が与えられている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング