元日本代表FW佐藤寿人、ベトナムとドローの森保ジャパンを総括 「消化不良の90分」

佐藤寿人氏がベトナム戦を総括【写真:高橋 学】
佐藤寿人氏がベトナム戦を総括【写真:高橋 学】

「日本らしいシーンも多かった」なかで、ベトナムに勝ちきれず

 日本代表は3月29日、ホームでのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第10節ベトナム戦で1-1と引き分け、勝ち点「22」で終えた。

 3月24日の前節オーストラリア戦(2-0)でW杯出場を決めた日本の森保一監督は、先発を9人入れ替えた。しかし、これが機能せずにベトナムに先制されて0-1で前半を終えることになる。

 後半開始と同時にMF伊東純也を投入した日本は、後半9分にDF吉田麻也のゴールで追いつく。その後も、FWF南野拓実、MF田中碧、MF守田英正を投入して反撃の手を強めたが、逆転することはできずに1-1で試合を終えた。

 スポーツチャンネル「DAZN」の中継で解説を務めていた元日本代表FW佐藤寿人氏は、「全体を通して、普段から近い距離で、関係性を持っている選手たちでプレーできている時は日本らしいシーンも多かった」と、良かった面を挙げた。

 そのうえで、「ただ、それができない時の組み合わせですね。普段、やっていない選手が近くにいる時、選手の個の良さも出せなかった。世界で、W杯で戦うことを考えると、消化不良の90分だった印象がありますね」と、試合を総括した。

 W杯出場を決めて、本大会に向けたメンバーのサバイバルが始まった日本代表だったが、代表OBの目にはこの日のパフォーマンスは物足りなく映ったようだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング