三笘薫、ベトナム戦フル出場もノーゴールで悔しさ 「すべての部分が足りない」

左ウイングでスタメン出場したMF三笘薫【写真:高橋 学】
左ウイングでスタメン出場したMF三笘薫【写真:高橋 学】

左サイドから得意のドリブルを見せるもゴールには至らず

 森保一監督率いる日本代表は3月29日、ホームでのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選ベトナム戦で1-1のドローに終わった。期待のFW三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)はフル出場したが、ゴールは奪えず。試合後のフラッシュインタビューで「引いた相手に対して引き出しが少なかった」と振り返った。

 日本は3月24日の第9節オーストラリア戦からスタメン9人を変更。3トップには三笘、FW久保建英(マジョルカ)、FW上田綺世(鹿島アントラーズ)が入った。

 5バックでカウンターを狙うベトナム相手に攻め込んでいた日本だが、前半20分にコーナーキックをDFグエン・タイン・ビンにヘディングで叩き込まれ、GK川島永嗣(ストラスブール)が守るゴールネットを揺らされた。

 1点ビハインドで前半を折り返した日本は、後半9分にDF吉田麻也(サンプドリア)がゴール前のこぼれ球を押し込んで同点に追いついた。しかし、その後はベトナムのゴールに迫るも勝ち越しには至らず。三笘も左サイドから得意のドリブルで何度もディフェンスを切り裂いたが、最後まで得点は奪えなかった。

 三笘は試合後、「今日は引いた相手に対して引き出しが少なかった。後半もっと勢いを出さないといけない。サイド5枚を張り付けてうしろからビルドアップさせて、最後の質が足りなかった。そこにフォーカスしないといけない。自分自身、すべての部分が足りないのでレベルアップすること。ゴールにつながるプレーをしないといけないので、そこを求めていきたい」と反省の弁を述べるとともに、成長を誓った。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング