田中碧の“勝ち越し弾”はVARで幻に 森保ジャパン、ホームでのベトナム戦は1-1ドローで終了

南野らを後半に投入するも逆転には至らず【写真:高橋 学】
南野らを後半に投入するも逆転には至らず【写真:高橋 学】

1点ビハインドから吉田のゴールで追いつき、勝ち越し弾も生まれたかに思われたが…

 日本代表は3月29日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のラストゲーム、ホームでのベトナム戦に臨み、前半に先制を許すも後半に追いついて1-1で引き分けた。

 日本は3月24日の敵地オーストラリア戦に勝利し、B組の2位以上と本大会出場を決めた。このベトナム戦に森保一監督は前日会見での宣言通りに大幅なメンバー入れ替えを実施し、DF吉田麻也とDF山根視来を除く9人がスタメン変更。前線ではオーストラリア戦で2ゴールのFW三笘薫、FW上田綺世、FW久保建英が3トップを組んだ。

 しかし、日本は立ち上がりからメンバー変更による連携不足が顕著な試合運びとなり、ボールを前進させる局面のスムーズさを欠いた。守備ブロックを作ったところからサイドに追い込むベトナムに対し、孤立した三笘や久保が個人で打開を図って前進する場面こそあったものの、チームとしての機能性は高くなかった。

 そうしたなかで前半20分、この試合で最初のコーナーキックをベトナムに与えるとファーサイドのボールに対して数的不利になり、DFグエン・タイン・ビンにヘディングで叩かれて失点。先制を許してしまった。

 日本は相手のブロックの外側でボールを動かすも、そのなかに潜り込めず。前半35分にMF原口元気が放ったミドルもわずかに枠を外れた。ここまで9試合を終えて1勝8敗で最下位のベトナムに対し、日本はホームで決定機を作り出せないまま0-1でハーフタイムを迎えた。

 森保監督はハーフタイム明けからMF旗手怜央に代えてFW伊東純也を投入。システムを4-2-3-1にして久保を中央、伊東を右に配置した。前半と同様にボール保持率の高い日本は後半9分、久保のパスを受けた原口がミドルを放つと相手GKが弾いたところ、攻撃参加していた主将のDF吉田麻也が押し込んで1-1の同点に追いついた。

 後半16分には中盤の中央を総入れ替えする交代で、MF柴崎岳、原口、久保に代えてMF守田英正、MF田中碧、MF南野拓実が投入された。

 日本は後半25分に中央から切り込むと、上田のシュートが南野に当たってこぼれたところを田中が押し込んだ。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認の結果、南野の手に当たったボールを田中が押し込んだとしてハンドの判定になり、ゴールは取り消された。

 たたみかける日本は後半33分、コーナーキックの2次攻撃からDF谷口彰悟が放ったヘディングシュートを相手GKが弾いたところ、至近距離から吉田が押し込みにいくもキックミスで枠外に飛ばしてしまい、ビッグチャンスを逃してしまった。

 このあともベトナムゴール前に迫った日本だが、勝ち越し点は挙げられずに1-1の引き分けで終了。10試合を7勝1分2敗の勝ち点22で終え、首位通過となるかは日本時間深夜にキックオフされる中国とサウジアラビアの試合結果次第になった。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング