本田圭佑、森保ジャパンから先制点奪取のベトナムに言及 「国民的に侮れない」

先制ゴールを奪ったベトナム代表【写真:高橋 学】
先制ゴールを奪ったベトナム代表【写真:高橋 学】

音声メディア「NowVoice」でベトナム戦をライブ配信

 森保一監督率いる日本代表は3月29日、ホームでのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第10節でベトナムと対戦。前半20分に先制点を奪われ、元日本代表MF本田圭佑は音声メディア「NowVoice」のライブ配信で「ベトナムという国は国民的に侮れない」と語った。

 日本は3月24日の第9節オーストラリア戦からスタメン9人を変更。3トップにはFW三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)、FW久保建英(マジョルカ)、FW上田綺世(鹿島アントラーズ)が入った。

 5バックでカウンターを狙うベトナム相手に攻め込んでいた日本だが、前半20分にコーナーキックをDFグエン・タイン・ビンにヘディングで叩き込まれ、GK川島永嗣(ストラスブール)が守るゴールネットを揺らされた。

「NowVoice」のライブ配信を行った本田は、日本の守備シーンを受けて、「この時点で3対2になっている」「ベトナムという国は国民的に侮れない」と語った。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング