「すぐに飛んでいきました」 玉田圭司、元日本代表監督との“再会2ショット”を投稿

現役を引退した元日本代表FW玉田圭司【写真:Getty Images】
現役を引退した元日本代表FW玉田圭司【写真:Getty Images】

「少し前」に岡田武史氏へ会いに行ったことを報告

 昨季限りで現役生活にピリオドを打った元日本代表FW玉田圭司氏が、公式インスタグラムを更新。元日本代表監督の岡田武史氏との2ショットを投稿した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 習志野高から1999年にプロの世界に飛び込んだ玉田氏は、柏レイソルで徐々に頭角を現し、スピードに乗ったドリブルを武器に2002年の後半戦からレギュラーへ。名古屋グランパスに移籍した2006年に行われたドイツ・ワールドカップ(W杯)では、日本がグループリーグ3戦未勝利に終わったなか、王国ブラジル相手に鮮烈な先制ゴールを決め、「Keiji TAMADA」の名前を世界に轟かせた。

 名古屋では2010年にJ1リーグ優勝も経験し、セレッソ大阪移籍、名古屋復帰を経て、2019年から長崎でプレー。J1リーグで99ゴール、J2リーグで34ゴールを記録し、2021年シーズン限りで現役を引退した。

 玉田氏は2月12日、インスタグラムで「少し前のことですが、岡田さんに会いに行ってきました!」と切り出し、岡田武史氏との2ショットを掲載した。

「引退する前に連絡させていただき、ゆっくり話をしたいねと言ってくれたので、すぐに飛んで行きました…笑。今後の僕にためになる話をたくさんしていただきました。岡田さん、ありがとうございました。また会いに行きます」

 2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)では、予選、本大会と監督を務めていた岡田氏が率いるチームに招集されていた玉田氏。恩師の1人との2ショットに、ファンからは「素敵な写真ですね!」「ステキな笑顔」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング