スコットランド界新人史上ベスト? 旗手のMOMデビューに英絶賛止まず「正真正銘のクオリティーを示した」

セルティックDF旗手怜央【写真:Getty Images】
セルティックDF旗手怜央【写真:Getty Images】

デビュー戦で中盤を司り、バス能力や振る舞いなどに称賛相次ぐ

 スコットランド1部セルティックの日本代表DF旗手怜央は、現地時間1月17日のリーグ第21節ハイバーニアン戦(2-0)に先発出場。74分間のプレーでマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出される上々のデビューを飾り、称賛を浴びている。

 前線から最終ラインまで幅広いポジションでプレーできる旗手。セルティックではDFとして登録されているが、ハイバーニアン戦は4-3-3システムの中盤の一角としてスタメン出場した。ピッチを縦横無尽に駆け回ってボールを受け、正確なパスを次々と味方へ展開した。後半29分までプレーし、MF井手口陽介と交代した。

 旗手のデビュー戦のパフォーマンスに対してSNS上などでも絶賛の声が上がっているなか、スコットランド紙「デイリー・レコルド」は「スコットランドサッカー界でこれほど洗練され、上品なパフォーマンスで始まった新人選手を思い出すのは難しい」とレポート。数々のスター選手がプレーしてきた名門クラブの歴史においても、旗手ほどのインパクトあるデビューを飾った選手はそう多くはないようだ。

 同紙は、「どこでボールを受けても同じように落ち着いていて快適にプレーしていた」「ハタテの動きには優雅さがあり、意図的で正確、かつ幅の広いパスで相手に最大のダメージを与えていた」と旗手の振る舞いから身のこなし、パス能力まで大絶賛。「ラッキーパンチャーが放った渾身の一撃というようには見えなかった。むしろ正真正銘のクオリティーを示したパフォーマンスだった」とその実力に太鼓判を押した。

 初の海外挑戦でさらなる飛躍を期す旗手にとって最高の船出となった。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング