現役引退の玉田圭司、「もし左利きじゃなかったら?」の質問に覗かせた“こだわり”

長崎の元日本代表FW玉田圭司は今季限りで引退【写真:Getty Images】
長崎の元日本代表FW玉田圭司は今季限りで引退【写真:Getty Images】

左足に関する質問に「人と自分を比べたことがない」と回答

 V・ファーレン長崎の元日本代表FW玉田圭司は、12月11日に引退記者会見を行った。今季限りで23年間のプロ生活にピリオドを打ったなかで、「レフティーじゃなかったらサッカー選手にもなれていなかったじゃないですか。それくらい左足にこだわりがある」と語った。

 習志野高から1999年にプロの世界に飛び込んだ玉田は、柏レイソルで徐々に頭角を現し、スピードに乗ったドリブルを武器に2002年の後半戦からレギュラーへ。名古屋グランパスに移籍した2006年に行われたドイツ・ワールドカップ(W杯)では、日本がグループリーグ3戦未勝利に終わったなか、王国ブラジル相手に鮮烈な先制ゴールを決め、「Keiji TAMADA」の名前を世界に轟かせた。

 名古屋では2010年にJ1リーグ優勝も経験し、セレッソ大阪移籍、名古屋復帰を経て、2019年から長崎でプレー。所属3年目の今季は、リーグ戦19試合2ゴールという成績だった。

 J1リーグで99ゴール、J2リーグで34ゴールを記録した玉田は、精度の高いキックを誇るレフティーだったことでも知られる。記者会見内で、「もし左利きでなかったら?」という質問には、「サッカー選手にもなれてなかったんじゃないですか。それくらい左足にこだわりがある」と自負を覗かせた。

「日本にも世界にも左利きの素晴らしい選手がたくさんいるけど、僕は人と自分を比べたことがない。ただ、良いものを盗もうとは思っていて、(中村)俊輔さんやアレックス(三都主アレサンドロ)に関してはキックで盗める者はない。真似できるものではないので。ただ、吸収できるものはして、自分ならこうするという考えでやってきた」

 23年間のプロ生活に“満点評価”はしなかった玉田。それでも、「後悔はしていない」と語る。

「100点ということはないですね。どんなに輝かしいキャリアを送ったとしても。点数は分からないですね、僕は満足することがないので。満足したら人生は終わりなので、常に点数を上積みできるようにして、死んだ時も100点と思うことはないので、そうやって積み上げていきたいですね。後悔はしていないです。完璧な選手はいないんですけど、完璧を求めることが大事だと思っていて、でも完璧にはなれない。だから人生は楽しいと思うし、これからも人生を楽しみたい」

 玉田は今後について「少し休みながら」、指導者も1つの選択肢として視野に入れていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング