大久保嘉人、「やんちゃスタイル」は誇り 引退会見で自己評価「汚いプレーヤーでしたけど…」

セレッソ大阪FW大久保嘉人【写真:Getty Images】
セレッソ大阪FW大久保嘉人【写真:Getty Images】

22日の引退会見で自身のプレースタイルにも言及

 セレッソ大阪の元日本代表FW大久保嘉人の現役引退記者会見が22日に行われ、自身の「やんちゃ」なプレースタイルに触れて「汚いプレーヤーでしたけど悔いはない」「まねをしないほうがいいところもいっぱい」と語りつつ、「『やんちゃ』と言ってもらったことに自分らしいとも思っていた」と“やんちゃ”と呼ばれた現役時代を振り返った。

 引退会見で涙ながらに「大久保嘉人は今シーズンを持って引退します」と切り出したなか、「小さい時からサッカーをしてきまして、プロになり子供たちに夢を与える仕事だと思っていた」と口にする。

 負けん気の強さから気性の荒さが目立つ場面もあり、退場も多かった大久保は「サッカー選手になって、自分という汚いプレーヤーでしたけど、悔いはないですし、サッカーの時と普段では性格が全く違いますけど、サッカーの時に自分を貫き通せた。いろいろ言われましたけど、よくここまでやってきたなと誇りに思いますし、まねをしないほうがいいところもいっぱいありましたけど、それもサッカーだと思っていたので、悔いなくサッカー人生を終えられる」と言葉を紡いだ。

 また、自身の“やんちゃ”なプレースタイルについて「なかなかそういう選手がいなかったので、自分としてはそういう選手でありたいと思っていたし、退場も多かったので『やんちゃ』と言ってもらったことに自分らしいとも思っていた。サッカーの時だけで、負けず嫌いなのは。それを貫けたのが自分らしいと思うし、そこは誇りに思いながら辞めていける」と自己評価をしていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング