森保監督、チャーター便遅延メンバー起用示唆 吉田、冨安ら「プレーできると考えたい」

日本代表を率いる森保監督【写真:高橋 学】
日本代表を率いる森保監督【写真:高橋 学】

W杯最終予選ベトナム戦の試合前日会見に出席

 日本代表の森保一監督は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選ベトナム戦(11日/ハノイ)に向けた試合前日会見に出席。チャーター便の遅れにより現地時間9日のトレーニングに間に合わなかった欧州組の起用について「プレーできると考えたい」と明言した。

 W杯本大会行きへ勝利が求められる日本だが、思わぬハプニングが発生。FW古橋亨梧(セルティック)、FW南野拓実(リバプール)、MF伊東純也(ヘンク)、MF鎌田大地(フランクフルト)、MF原口元気(ウニオン・ベルリン)、MF守田英正(サンタ・クララ)、MF堂安律(PSV)、DF冨安健洋(アーセナル)、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF板倉滉(シャルケ)、GK川島永嗣(ストラスブール)の欧州組11人は、ヨーロッパからのチャーター便に乗りロシアを経由して9日午前にベトナム入りする予定だったが、ロシアでの給油が遅れて足止めを食らい、最終的に9日の全体午後トレーニングに間に合わないことが判明した。

 JFA(日本サッカー協会)によると、11人が現地のホテルに到着したのは9日(現地時間)の23時。メンバー全員が揃っての全体練習は試合前日のみとなり、足止めの間、11人全員が機内に留まる必要性があったため、コンディションへの不安が懸念される事態になった。

 チャーター便での到着となった選手たちの状態について、森保監督は「非常にストレスがかかると思っていたが、実は休む時間ができたということで、選手たちは機内でも工夫してリラックスしながら良い休養を取れたと聞いた。彼らは日曜日に試合をしていたので、リカバリーや休養を入れて試合に準備すると考えていた。練習ができなかったのは残念だが、2日間で疲労が取れたことは前向きに受け取っている」と、明かした。

 11人の中には、不動のセンターバックに君臨しているキャプテンの吉田や冨安も含まれているが、「明日のメンバー選考ではプレーできると考えたい。いつも通り練習を見て決めたいが、アクシデントがあった中でも選手たちは所属チームで存在感を発揮してここに選ばれている。体調を回復して普段通りの力を出してくれれば日本の力になってくれるだろう」と、起用を前向きに捉えていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング