チェルシー25歳MF、まるで「ヤヤ・トゥーレ」 元英国代表DF絶賛「恐ろしく感じる」

チェルシーMFルベン・ロフタス=チーク【写真:Getty Images】
チェルシーMFルベン・ロフタス=チーク【写真:Getty Images】

マルモ戦で今シーズンのCL初先発を果たしたMFルベン・ロフタス=チークに言及

 チェルシーは、2日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループH第4節のマルモ戦に1-0で勝利し、勝ち点を9に伸ばしている。この試合で先発出場したイングランド代表MFルベン・ロフタス=チークを、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏が絶賛している。

 第3節にホームで対戦した際は4-0とマルモを圧倒したチェルシーだったが、この試合ではなかなかゴールを挙げられなかった。それでも後半11分、イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイのアシストから、モロッコ代表FWハキム・ジイェフがゴールを挙げる。このゴールが決勝点となり、チェルシーが1-0で勝利した。

 フランス代表MFエンゴロ・カンテの負傷もあり、この6シーズンで初めてCL先発出場を果たしたロフタス=チークは、セントラルハーフで出場しながらも、後半9分に左足で強烈なシュートを放つ。同33分には胸トラップからループパスでドイツ代表FWカイ・ハフェルツの決定機を演出するなど、幅広い活躍を見せた。

 そのプレーを目の当たりにしたファーディナンド氏は、「素晴らしいタレント」と、ロフタス=チークを絶賛した。「私は彼が大好きだ。チェルシーにいる友人から、いつも彼の話を聞かされていた。彼は何といっても素晴らしい見本のような選手だ。私が好きなのは、例えるならヤヤ・トゥーレのような選手だからだね」と、かつてのマンチェスター・シティのレジェンドと比較した。

 さらに「彼は相手を威嚇することができる。ターンして、全速力で走ると手に負えない。センターバックとして、最も恐ろしく感じるプレーだよ。彼は素晴らしい才能の持ち主だ。彼はサイドに行ってDFと対峙しても、まるで前線の3選手と変わらずに落ち着いてプレーできる。多くの選手から見られるものではない。彼の弓に張ってある弦は、極めて美しいものだ」と、絶賛している。

 これまでチェルシーでレギュラーに定着できず、昨シーズンはフラムへレンタル移籍していたロフタス=チーク。21歳で代表デビューしたセントラルハーフも25歳となった。現在、プレミアリーグの首位に立っているチェルシーで、その才能を開花させることとなるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド