「毎試合、監督としての道が続くか終わるかの岐路」 森保監督が進退報道の質問に回答

日本代表の森保監督【画像はスクリーンショットです】
日本代表の森保監督【画像はスクリーンショットです】

瀬戸際の一戦で難敵オーストラリアを2-1で撃破

 日本代表は12日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4節のオーストラリア戦で2-1と勝利した。瀬戸際の一戦で欲しかった勝ち点3を手にした形となったが、チームを率いる森保一監督は試合後のオンライン会見で、自身の進退報道に関する質問に対して、「毎試合、監督としての道が続くか終わるかの岐路に立っていると思っている」と胸中を語った。

 前半8分、MF南野拓実のクロスからMF田中碧の代表初ゴールで日本が先制。後半25分にFKを献上し、そのフリーキックを決められて同点に追い付かれたが、終了間際に相手のオウンゴールから日本が勝ち越し、2-1で勝利を収めた。

 森保監督は試合前に君が代が流れた時、涙目となっていたことについて、試合後のフラッシュインタビューで「感情的というか、毎回、君が代を歌って試合をできることを喜び、誇りに思っている。ホームで試合ができて、たくさんの日の丸を見られて、たくさんの応援を受けていると思って君が代を歌って、目頭が熱くなった」と明かしていた。

 試合後には、ゴール裏でスタンドのファンへ挨拶もしていた森保監督。最終予選3試合を終えた時点で1勝2敗と苦境に立たされ、オーストラリア戦の結果次第ではその進退に関わるとも国内外のメディアが伝えていたなかで、オンライン会見の最後にそういった状況下での勝利について問われ、自身の考えを言葉にした。

「進退に関しては、特に今日の試合だけ懸かっていると思っていない。代表監督に就任してから、毎試合、毎試合、試合後には監督としての道が続くか終わるかの岐路に立っていると思っている。今日の試合で特別、自分の進退について考えることはなかった」

 森保監督は難敵オーストラリア撃破に満足することなく、11月以降の戦いを見据えていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド