「一緒にカタールW杯に行きましょう」 森保監督、サポーターへの挨拶に込めた思い

日本代表の森保監督【写真:高橋 学】
日本代表の森保監督【写真:高橋 学】

オーストラリアに2-1で勝利し、「選手を勇気づけてくれた」と感謝

 日本代表は12日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4節のオーストラリア戦で2-1と勝利した。森保一監督は試合後、ゴール裏でスタンドのファンへ挨拶していたが、その意図と内容をオンライン会見で明かしている。

 前半8分、MF南野拓実のクロスからMF田中碧の代表初ゴールで日本が先制。後半25分にFKを献上し、そのフリーキックを決められて同点に追い付かれたが、終了間際に相手のオウンゴールから日本が勝ち越し、2-1で勝利を収めた。

 森保監督は試合前に君が代が流れた時、涙目となっていたことについて、試合後のフラッシュインタビューで「感情的というか、毎回、君が代を歌って試合をできることを喜び、誇りに思っている。ホームで試合ができて、たくさんの日の丸を見られて、たくさんの応援を受けていると思って君が代を歌って、目頭が熱くなった」と明かしていた。

 試合後には、ゴール裏でスタンドのファンへ挨拶していた森保監督。その意図、やり取りについてオンライン会見でも語っている。

「まずは今日の試合の応援ありがとうございましたということを、サポーターのみなさんに叫ばせてもらった。ほかには、今日このホームでスタジアムに入る前から出迎えてくれて、選手を勇気づけてくれた、と。試合中も本当に厳しい戦いだったが、最後の最後まで選手が勇気をもって踏ん張って戦えたのはサポーターの後押しがあってこそだと思ったので、そのお礼を伝えた。最後には、これからW杯の出場権を掴み取るために厳しい戦いがまだまだ続くので、一緒に戦ってください、そして一緒にカタールW杯に行きましょうという話をさせてもらった」

 最終予選は4試合を終えて2勝2敗。11月シリーズの2試合が大きなポイントになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド