森保監督、運命の豪州戦へ会見 ”ベストメンバー”起用を強調「良さを出せるように…」

日本代表の森保一監督【写真:ⓒJFA】
日本代表の森保一監督【写真:ⓒJFA】

オーストラリア戦の前日会見で選手選考に言及

 日本代表は11日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第4節・オーストラリア戦(12日/埼玉)に向けた前日公式会見をオンラインで実施。森保一監督は、本大会進出へ勝利が求められる運命の一戦へ「勝つためにベストなメンバーを選んで決める」と語った。

 9月に行われた今予選の2試合(対オマーン/0-1、中国/1-0)を1勝1敗の成績で終えた日本は、7日のアウェー戦でサウジアラビアと対戦。前節の中国戦に続く勝利を狙ったが、MF柴崎岳のバックパスがミスとなり、相手FWフェラス・アルブリカンに決勝ゴールを奪われ0-1で敗れた。

 オーストラリアをホームに迎える12日の一戦では、是が非でも勝利が求められる。サウジ戦では攻撃が機能不全に陥ったこともあり、メンバーの顔ぶれにどう変化を加えるかは一つの焦点となる。

 前日会見に臨んだ森保監督は、メンバー選考について「これまでと考え方は変わらず、明日のオーストラリア戦に向けて勝つためにベストなメンバーを選んで決めるということ。昨日もすでにゲーム形式の練習をしているが、今日また改めてゲーム形式を含めて選手の動きを確認して決めたい」と口にした。

 オーストラリアは今予選3連勝中。2次予選から11連勝中と勢いに乗っているだけでなく、ここまでグループトップの7得点と、攻撃力は脅威となる。

 対戦相手に応じた采配も重要となるが、森保監督は「戦い方が変わっていないように見られるかもしれないが、毎回対戦相手が違うので、その特徴である相手のストロングポイントを消すように、ウィークポイントを突けるように、今日の練習でも明日の試合を想定して、相手の良さを消しながら自分たちの良さを出せるように準備したい」と意気込んだ。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド