「アグレッシブに戦ってくる」 森保監督、難敵サウジ攻略に挙げた二つのポイントは?

サウジアラビア戦を控える日本代表の森保一監督【写真:ⓒJFA】
サウジアラビア戦を控える日本代表の森保一監督【写真:ⓒJFA】

「球際の攻防」「攻守の切り替えの早さ」を警戒

 日本代表は現地時間7日(日本時間8日2時)、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でサウジアラビア(FIFAランク56位)と対戦する。チームを率いる森保一監督は6日のオンライン会見で、“中東の雄”について「厚みのある攻撃を仕掛けてくる」とその印象を語った。

 W杯最終予選の初戦となったオマーン(同78位)戦で0-1と敗れ、まさかの黒星スタートとなった日本(同26位)は、続く中国(同75位)戦にFW大迫勇也のゴールで1-0と勝利し、1勝1敗で10月シリーズを迎える。

 敵地でのサウジアラビア戦、12日のホーム・オーストラリア戦ともに落とせない試合となるなか、森保監督は「サウジアラビア戦は厳しい戦いになることを覚悟しながら、選手が思い切ってプレーしてくれるように準備をしていきたいと思っている。目の前の一戦に向けて最善の準備をしていく」と心境を語った。

 また、森保監督は“中東の雄”と言われるサウジアラビアを「非常に攻撃的なチーム」と警戒する。

「攻撃時に人数をかけて、サイドバックも高い位置を取って厚みのある攻撃を仕掛けてくる。その前の球際の攻防、攻守の切り替えが早くて、アグレッシブに戦ってくるという印象」

 難敵との一戦を制するためのポイントに関しては、「W杯出場に向けて強い気持ちを持って試合に臨むチームが勝利に近づくと思います。戦術の部分はしっかり整理しなければいけないが、球際の攻防、切り替えのスピードが非常に大切になってくる」と分析していた。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング