「セクシーサッカーの申し子」 乾貴士、幻惑フェイント&絶妙アシスト反響「やらしい」

鹿島アントラーズ戦で今季2アシスト目を記録したMF乾貴士【写真:Getty Images】
鹿島アントラーズ戦で今季2アシスト目を記録したMF乾貴士【写真:Getty Images】

鹿島戦で今季2アシスト目をマーク、持ち前のテクニックで魅了

 セレッソ大阪は26日、J1リーグ第30節の鹿島アントラーズ戦で逆転負けを喫し、今季リーグ戦12敗目となった。元日本代表MF乾貴士はスタメン出場を果たし、後半13分にMF原川力の先制点をアシスト。相手を幻惑させた得点演出シーンが反響を呼び、ファンからは「これぞセクシーサッカーの申し子」「やらしさが素晴らしかった」などの声が寄せられている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今夏10年ぶりに国内復帰を果たした乾は、鹿島戦で4試合連続となるスタメン出場。一進一退の攻防が続いたなか、後半13分に見せ場が訪れる。センターサークル付近でボールを奪った原川から左サイドでボールを受けた乾は、そのままゴールに向かって前進する。マッチアップした相手を鋭い上半身のフェイントで惑わすと、ダイアゴナルの動きでペナルティーエリア内へ侵入した原川へスルーパスを供給。これを受けた原川が左足で冷静に流し込んだ。

 絶妙タッチの仕掛けからスルーパスを通した一連のシーンにファンは熱視線を注いでおり、動画が投稿されたDAZN公式ツイッターには「えぐすぎる」「やっぱ上手い」「野洲高っぽい」「まだ代表でやれる」といった賛辞が続々。C大阪公式ツイッターもゴールハイライトとして動画を添えて注目すると、「ノールックでパスした乾のやらしさが素晴らしかった」「これぞセクシーサッカーの申し子」「引きつける、の意味が、実際のシーンを見てわかりやすかった」「何回でも見れる」といった声が上がった。

 乾にとっては国内復帰後、今季リーグ戦2アシスト目。いまだ得点こそないものの、持ち前のテクニックで魅了してみせたシーンに反響が寄せられた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も