「セクシーサッカーの申し子」 乾貴士、幻惑フェイント&絶妙アシスト反響「やらしい」

鹿島アントラーズ戦で今季2アシスト目を記録したMF乾貴士【写真:Getty Images】
鹿島アントラーズ戦で今季2アシスト目を記録したMF乾貴士【写真:Getty Images】

鹿島戦で今季2アシスト目をマーク、持ち前のテクニックで魅了

 セレッソ大阪は26日、J1リーグ第30節の鹿島アントラーズ戦で逆転負けを喫し、今季リーグ戦12敗目となった。元日本代表MF乾貴士はスタメン出場を果たし、後半13分にMF原川力の先制点をアシスト。相手を幻惑させた得点演出シーンが反響を呼び、ファンからは「これぞセクシーサッカーの申し子」「やらしさが素晴らしかった」などの声が寄せられている。

 今夏10年ぶりに国内復帰を果たした乾は、鹿島戦で4試合連続となるスタメン出場。一進一退の攻防が続いたなか、後半13分に見せ場が訪れる。センターサークル付近でボールを奪った原川から左サイドでボールを受けた乾は、そのままゴールに向かって前進する。マッチアップした相手を鋭い上半身のフェイントで惑わすと、ダイアゴナルの動きでペナルティーエリア内へ侵入した原川へスルーパスを供給。これを受けた原川が左足で冷静に流し込んだ。

 絶妙タッチの仕掛けからスルーパスを通した一連のシーンにファンは熱視線を注いでおり、動画が投稿されたDAZN公式ツイッターには「えぐすぎる」「やっぱ上手い」「野洲高っぽい」「まだ代表でやれる」といった賛辞が続々。C大阪公式ツイッターもゴールハイライトとして動画を添えて注目すると、「ノールックでパスした乾のやらしさが素晴らしかった」「これぞセクシーサッカーの申し子」「引きつける、の意味が、実際のシーンを見てわかりやすかった」「何回でも見れる」といった声が上がった。

 乾にとっては国内復帰後、今季リーグ戦2アシスト目。いまだ得点こそないものの、持ち前のテクニックで魅了してみせたシーンに反響が寄せられた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド