「最高のお手本」 ”天才”小野伸二、足技の”スロー映像”が反響「勉強になる」

札幌に所属する元日本代表MF小野伸二【写真:グレアトーン】
札幌に所属する元日本代表MF小野伸二【写真:グレアトーン】

正確なテクニックが詰まったリフティングシーンをスローモーションで公開

 北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二が、自身の公式インスタグラムを更新。リフティングシーンの動画をスローモーションで公開すると、「最高のお手本」「いい教材」といった賛辞が寄せられている。

 小野は今季、札幌に2019年以来となる復帰。再びJ1リーグの舞台に戻ると、ここまでリーグ戦で3試合、ルヴァンカップでは5試合(うち先発2試合)で131分間プレーしている。

 そんな小野の代名詞と言えば、華麗な足技のテクニックだ。41歳になってもその技術は錆びつかず、ボールが吸い付くような”神トラップ”をたびたび披露してきたが、自身の公式インスタグラムではリフティングシーンの動画をスローモーションで公開している。

 約5分間の動画では、小野が数々の技を披露。冒頭、腿で上げたボールを背中でキャッチし、その後、後頭部を伝わらせながら顔の前に出してインステップでリフティングするテクニックを見せたのをはじめ、足先や腿、肩などを使いながら軽快にボールを扱っており、スロー動画となっているためどの部分でトラップしているのかも明確に分かる。

 この投稿にファンからは、「日本史上最高の天才テクニシャン」「最高のタッチ&笑顔」「本当に上手い」「ボールから吸い付きに来てる」といった声のほか、正確な技術をしっかりと把握できるとあって「ボールの当たっている所がよく見えて勉強になります」「凄いいい教材になりますね」「最高のお手本」「ゆ~くり見られてちょっと感動しました」というコメントも上がるなど、反響が寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング