レアル、悲願のムバッペ獲得へPSGに“最終オファー” 最大233億円に増額と伊記者投稿

PSGのFWキリアン・ムバッペ【写真:Getty Images】
PSGのFWキリアン・ムバッペ【写真:Getty Images】

207億円のオファーは却下と報道、最終交渉の移籍金はPSG獲得時と同額

 フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)の同国代表FWキリアン・ムバッペは、移籍市場の最終日近くになってスペインの強豪レアル・マドリードへの移籍が成立するかが注目される状況にある。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者は、自身の公式ツイッターにレアルが最終オファーを送ったと投稿した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ムバッペは2017年にモナコから1年間の期限付き移籍でPSG入りし、翌年に移籍金1億8000万ユーロ(約233億円)という巨額の移籍金で完全移籍に移行した。そして18年のロシア・ワールドカップ(W杯)では、優勝にも大きく貢献しているが、まだ22歳の若者でもある。

 次世代のサッカー界を担うスターとして間違いない存在のムバッペだが、今シーズンがPSGとの契約最終年にあたる。レアル行きが幼少期からの夢であるとされるムバッペに退団、移籍希望があることは、すでにPSGの強化責任者であるレオナルド氏からも示唆されている。一方で、PSGが求める条件でなければ今夏のムバッペ移籍を認めることはないという発言もあった。

 すでにレアルは1億6000万ユーロ(約207億円)のオファーを送ったものの却下されているというのがこれまでの報道であり、その理由がシンプルに言えば「買った時よりも安くは出さない」というものだとされている。

 そうしたなかでロマーノ記者は、レアルの関係筋からの情報として1億7000万ユーロ(約220億円)に1000万ユーロ(約13億円)のプラスオンがあるオファーが送信されたと投稿。そして、これが最終オファーになるだろうという情報も併せている。

 このオファーは総額でPSGがムバッペ獲得時に費やしたものと同額になる。ムバッペはあくまでもレアルへの移籍を目指し、今夏にそれが叶わなければ来夏に移籍金ゼロで実現する意向があるとされる。

 果たして、この最終オファーがPSGを納得させるものになるのか。デッドラインが迫ってきた移籍市場の最終盤における大きな注目ポイントになっている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  5. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  6. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  7. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  8. 英記者が日本代表の4選手に低評価「ポジションを失った」「クオリティーが足りない」 エクアドル戦先発11人の採点は?

  9. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  10. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」