サイドバックのプレー選択、「相手が嫌がる」走りとは? 福西崇史×小池龍太対談【前編】

横浜F・マリノスでプレーするDF小池龍太【写真:Getty Images】
横浜F・マリノスでプレーするDF小池龍太【写真:Getty Images】

【月間表彰】7月の「月間ベストアグレッシブプレーヤー」に横浜FMのDF小池龍太を選出

「DAZN」のパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」では、各月ごとに各部門の表彰を実施している。「Football ZONE web」では、現役時代に強靭なフィジカルと戦術眼を武器に日本代表としても活躍した福西崇史氏に、その月に最もアグレッシブなプレーを見せた選手を選出してもらっている。
 
 福西氏が7月度の「月間ベストアグレッシブプレーヤー」に選出したのは、J1リーグで5月下旬から7連勝を飾り、首位の川崎フロンターレを猛追している横浜F・マリノスのDF小池龍太だ。横浜FMの7連勝は、小池が右サイドバックで先発すると同時に始まっている。7月の2試合でも、暑さをものともせずに上下動を繰り返した小池は、その量だけでなく、質の高いフリーランニングでチームの勝利を支えた。
 
 その象徴的なシーンとして、福西氏がピックアップしたのが、第22節アビスパ福岡戦(2-0)で、FWオナイウ阿道(現トゥールーズ)が決めたヘディングシュートにつながったプレーだ。ピッチの中央でボールを受けた小池は、右前方のエウベルにパスを付ける。パスを出してから全力でフリーランニングした小池は、エウベルの外をオーバーラップ。相手の寄せが甘くなったところをエウベルが逃さずに正確なクロスを入れて、オナイウのゴールにつなげている。見逃されても不思議ではないファインプレーを取り上げた福西氏が、Jリーグで好調なサイドバックの思考に迫った。

   ◇   ◇   ◇

福西 今回は7月に最もアグレッシブだった選手として、小池龍太選手を選出させていただきました。その象徴的なプレーとして、第22節のアビスパ福岡戦、2点目のゴールシーンをピックアップしています。

小池 ありがとうございます!

福西 この場面、小池選手は右サイドで前にいるエウベル選手にパスを入れて、オーバーラップをしましたが、どういう判断をされたのですか?

小池 実は外を回った時点で、一度、選択肢を変えています。最初はエウベル選手の内側を走るインナーラップをしようとしていました。相手のボランチよりも、僕のほうが走るのが速いと感じましたし、このプレーの前にも何度かインナーラップで深い位置を取ることができていたからです。そこに走っていくイメージでもあったのですが、それを相手のサイドバックの選手が嫌がって、そのためのスペースを埋めた気がしたんです。

福西 なるほど。

小池 あえて外を回ることで、相手の選手がプレスに行くタイミングを失い、エウベルに時間を与えることができれば、あとはエウベルと中央にいる(オナイウ)阿道の関係性次第かなと思いました。それを上手く自分のなかで見て判断できたかなと思っています。

福西 こうしたランニングをした場合、リターンパスを受けられずにおとりの動きで終わる、いわゆる“無駄走り”になる可能性があったと思いますが、それも理解して何度も走っているんですよね?

小池 “無駄走り”の予定で走っていましたね。エウベルの外を走っている時も「クロス!」と、声をかけていました。彼のキックの精度、中にいる相手選手の枚数を見て、これは勝てるなと思ったので。僕のところにパスを出してもらって、もうワンテンポ使うよりも相手のタイミングをずらして、2人の関係で攻撃を完結させるべきだと思っていました。

福西 それを状況に応じて判断したのですね。

小池 はい。

福西 オナイウ選手がゴール前に走って行って、その背後に天野選手もいます。クロスを上げる直前まで、ゴール前は1対2と数的不利の状況でしたが、それでも得点につながると感じられていましたか?

小池 はい。内側にいるセンターバックは阿道に関与できないところにいたので、阿道が目の前にいる選手の外で叩くか、前で触るかで決まるなと思っていました。あとは、センタリングを上げるエウベルと相手センターバックの駆け引きがあるなかで、エウベルのキックのコースを限定させないために、相手の左サイドバックの選手をエウベルに寄せさせないためにどうすればいいかを考えて、オーバーラップしました。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  5. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  6. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  7. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  8. 英記者が日本代表の4選手に低評価「ポジションを失った」「クオリティーが足りない」 エクアドル戦先発11人の採点は?

  9. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  10. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」