「パーフェクト」と海外メディア称賛 杉本健勇、“華麗ヘディング弾”で移籍後初ゴール

横浜FMに移籍したFW杉本健勇が初ゴール【写真:Getty Images】
横浜FMに移籍したFW杉本健勇が初ゴール【写真:Getty Images】

横浜FMの新加入FW杉本、名古屋戦でクロスから移籍後初ゴールを叩き込む

 横浜F・マリノスは12日、ニッパツ三ツ沢球技場でJ1リーグ第18節名古屋グランパス戦に臨み、2-0で勝利した。10戦無敗(8勝2分)としたなか、今夏に横浜FMへ加入した元日本代表FW杉本健勇が移籍後初ゴールをマーク。クロスを頭で叩き込んだ先制ゴールに、海外メディアも「パーフェクト」と称えている。

 杉本は7月に浦和レッズから期限付き移籍で加入。8月6日のガンバ大阪戦(3-2/第6節延期分)で途中出場から移籍後初出場を果たし、9日の清水エスパルス戦(2-2/第23節)にも後半24分からピッチに立った。

 そしてこの日、ホームでの名古屋戦に移籍後初先発を飾ると、前半13分に待望の初ゴールをマークする。敵陣右サイドで得たセットプレーのチャンスで、MFマルコス・ジュニオールのキックはいったん左サイドに流れるも、ペナルティーエリア手前から供給されたDFティーラトンのクロスに対し、ゴール正面でジャンプして頭で合わせた。

 この一撃に、G大阪戦から指揮を執るケヴィン・マスカット新監督の母国オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターも反応。「ケンユウ・スギモトのヘディングはパーフェクト」と称えている。

 前節・清水戦の引き分けで連勝が「7」でストップしたものの、難敵名古屋を破って10戦無敗とし、首位の川崎フロンターレを追う横浜FM。終盤戦に向けて“ストライカー”杉本が、チームの浮沈の鍵を握る1人となるのは間違いなさそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング