「突発的なものではない」 チェルシー監督、スーパー杯優勝を呼ぶ”PK戦用GK”起用に言及

PKストップで勝利に貢献したチェルシーGKケパ【写真:AP】
PKストップで勝利に貢献したチェルシーGKケパ【写真:AP】

トゥヘル監督はケパのほうがPKセーブ率が高い統計の元にGK交代を決断

 トゥヘル監督は試合後、英衛星放送局「BTスポーツ」のインタビューで、GK交代は今年2月の就任当初からのプランだったと明かしている。

「(PK戦でのGK交代は)突発的なものではなかった。バーンズリーと対戦した最初のカップ戦(2月11日のFAカップ5回戦)の時からGKたちと話していたんだ。PKのセーブに関してはケパが最も高い確率だという統計があったし、いい準備ができていた。アナリストたちとGKコーチが私にデータを見せて紹介してくれた。選手たちとはノックアウトゲームではこのようなことが起こりうると話していたので、選手たちも理解していた。エディ(メンディ)がそれを受け入れたことも素晴らしい。バーンズリーとのカップ戦の前にも話していたというのも素晴らしい。我々はチームのためになることをしなければならない。これは必要なことだった。うまく言ってハッピーだよ」

 トゥヘル監督就任後もメンディがレギュラーポジションを掴み、ベンチに座る時間の長かったケパには放出の噂もあった。しかし、指揮官は「この分野ではケパのほうが優れている証拠がある」とPK戦の強さを信頼してこの大一番でピッチに送り込み、選手もその期待に応えた。

 トゥヘル監督は「彼らは真のチームプレーヤーだ。ケパにもエディにも満足している」と2人のGKを称えていた。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング