森保監督は「失敗した」 英国人記者、日本のメダル逸を招いた2つの“戦略ミス”を指摘

多くの才能がいた日本…メダル獲得の絶好のチャンスを逃してしまった

 結局、日本は絶好のチャンスを逃してしまったように感じる。多くの才能がいて、大きな可能性があった。希望もあった。試合終了のホイッスルの後で流した久保のほろ苦い涙は、閉ざされた夢の大きさを物語っていた。

 疲労困憊していたというのは言い訳にはなるだろう。しかし、改めて振り返れば、森保監督は自分の間違いを認めなければならないはずだ。チームをローテーションさせなかったこと、違いを生み出せる才能とクリエイティビティ(創造性)を持った選手を信頼しきれなかったことは間違いだった。

 それこそが、日本が1968年以来のメダルを探し続けたまま五輪を終えた理由だろう。その時が来るのを、まだ待ち続けなければならない。

(マイケル・チャーチ/Michael Church)


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング