メッシ、セキュリティー万全の月額2200万円超“レンタル別荘”に母国紙感嘆 「天国」

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

米マイアミのキー・ビスケーンで豪邸を借りてリフレッシュ

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、ブラジルで開催されたコパ・アメリカ(南米選手権)を優勝で終え、新シーズンに向けてアメリカ有数のリゾート地でバカンスを過ごしている。月額20万ドル(約2200万円)とされる“貸別荘”を、母国メディアも「天国」と表現している。

 メッシは昨夏に退団騒動があったが最終的に残留し、2020-21シーズンはリーグトップの30ゴールを記録。ただ、契約延長の交渉は決着することなく、6月30日の満了日を過ぎることになった。

 そのなかで、ブラジルで開催されたコパ・アメリカ(南米選手権)にアルゼンチン代表の一員として出場。7試合で計4ゴールを挙げ、決勝でブラジルを破って自身初の代表タイトルとなる優勝を達成した。

 メッシは年俸50%ダウンでバルセロナと5年間の契約延長に口頭合意したと英衛星放送「スカイ・スポーツ」などで報じられたが、現在は妻のアントネラ・ロクソさん、3人の息子(長男チアゴくん、次男マテオくん、三男シロくん)、兄弟、両親とともにアメリカ有数のリゾート都市マイアミで家族とオフを過ごしている。

 アメリカでも有名なビーチの一つ、キー・ビスケーンに滞在中。アルゼンチンメディア「infobae」によれば、滞在しているのはインフィニティ・プールや5つのベッドルーム、5つのバスルームなどを備えた月額20万ドル(約2200万円)の“貸別荘”だという。

 アルゼンチン紙「Ole」は、「アントネラ・ロクソはメッシ一家がマイアミで天国の休暇を過ごしている写真を共有」と見出しを打って特集。キー・ビスケーンの同地域には過去数カ月、何百人ものアルゼンチンの著名人が滞在し、邸宅の全部屋から海を眺めることができ、直接ビーチにアクセス可能だと紹介した。また、固定パトカー2台が常時待機しており、豪邸への道路を渡るためには書類の提示が必要と、万全のセキュリティー体制についても触れている。

 休暇中もプライベートジムで妻と汗を流すなど、最高の環境でリフレッシュできているようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング