“無所属”の36歳キエッリーニ、EURO制覇後もオファーなし… 「誰からも連絡はない」

フリーエージェントとなっているイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ【写真:Getty Images】
フリーエージェントとなっているイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ【写真:Getty Images】

6月いっぱいでユベントスと契約満了、代理人が現況に言及「いつ連絡があっても…」

 欧州選手権(EURO)を制したイタリア代表でキャプテンを務めたDFジョルジョ・キエッリーニは6月限りでユベントスと契約満了となったため、所属クラブのないフリーエージェントとなっている。選手はユーベからの再契約オファーを待っているようだが、代理人によればまだどのクラブからもオファーは届いていないという。衛星放送「ユーロ・スポーツ」が報じた。

 現在36歳で、今年8月には37歳を迎えるキエッリーニだが、EUROではイタリアの守備の中心選手として活躍し、53年ぶり2度目の欧州制覇に大きく貢献。年齢がただの数字に過ぎないことを示し、今も世界屈指のDFであることを証明した。

 しかし、キエッリーニは6月いっぱいでユベントスと契約満了を迎えたため、現在まで無所属の状況。キエッリーニはユベントスからの再契約オファーを待ち望んでいるが、代理人のダビデ・リッピ氏によれば、まだどこからもオファーの連絡はないという。

「今日の時点ではまだ誰からも連絡はない。ユベントスが話をすると言ってくれるの待っている。今、キエッリーニがピッチから去ると考えるのは狂気の沙汰だ。(2019年の)前十字靭帯損傷の怪我の後の彼の活躍は信じられないものだ。彼を突き動かしているのは情熱で、その情熱が今も燃え続けていることはEUROで見ただろう。彼は何年もの間ユベントスのシンボルだった。我々はクラブを待っている。まだ誰からも連絡はないが、彼はイタリアで唯一のフリーエージェントだ。いつ連絡があっても驚きはないよ」

 2005年から16年に渡って“ビアンコネロ”でプレーし、クラブ通算500試合以上に出場しているキエッリーニ。来季もユベントスにとどまることになるのだろうか。今後の動向に注目だ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング