19歳MFが「すべて背負うのはやりすぎ」 モウリーニョ、PKキッカーの人選に疑問

5人目のキッカーを務め、失敗となった19歳のMFブカヨ・サカ(写真中央)【写真:AP】
5人目のキッカーを務め、失敗となった19歳のMFブカヨ・サカ(写真中央)【写真:AP】

5人目のPKキッカーを務めて失敗した19歳サカ、モウリーニョ氏「酷だった」

 新シーズンからASローマを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、欧州選手権(EURO)の決勝でイタリアにPK戦で敗れたイングランドのPKキッカー選択に疑問を感じたようだ。19歳のFWブカヨ・サカに5人目の大役を託したことについて「ギャレス(・サウスゲート監督)に質問しなければならない」「まだ若い彼がすべてを背負うのはやりすぎだと思う」などと語った。英ラジオ局「talkSPORT」が報じている。

 準決勝までセットプレーによる1失点のみに抑えるなど安定感のある戦いで、EURO初の決勝に駒を進めたイングランド。“ホーム”ウェンブリーでイタリアと激突したファイナルでも、前半開始2分で先制するなど絶好のスタートを切った。しかし、後半22分にイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチのゴールで同点に追いつかれると、延長戦を含めた120分間では決着がつかずに、PK戦にもつれ込んだ。

 イングランド代表を率いるサウスゲート監督は延長後半終了間際に、PK要員としてFWマーカス・ラッシュフォードとMFジェイドン・サンチョを投入。2人はそれぞれ3人目、4人目のキッカーを託されたが、揃って失敗。さらに重圧のかかる5人目のキッカーとして19歳のサカが登場するも、左足で放ったシュートはGKジャンルイジ・ドンナルンマにセーブされた。イングランドはPKスコア2-3で敗北。指揮官の采配が裏目に出る形でタイトルを逃した。

 イングランドにとっては1966年の母国開催ワールドカップ以来となるメジャータイトルの懸かる大一番で、経験の浅いサカに重要な5人目のPKキッカーを任せたサウスゲート監督の判断について、モウリーニョ監督は疑問符を投げかけている。

「PKキッカーの決定について、私はサカを最後の1人にしたのは酷だったと思う。あの瞬間にまだ若い彼がすべてを背負うのはやりすぎだと思うのだが、どうなのだろう。私はギャレスに質問しなければいけない。なぜなら、そこにいるべき選手がそこにいなかったり、責任から逃げていることが多いからだ」

 モウリーニョ監督は「優れたPKキッカーであるかどうかは問題ではないと思う」としたうえで、「この状況でラヒーム・スターリングはどこにいた? ジョン・ストーンズはどこにいた? ルーク・ショーは? なぜジョーダン・ヘンダーソンやカイル・ウォーカーはピッチに残っていなかったんだ?」と、ベテラン選手が5人のキッカーに含まれなかったことを指摘。また、試合終了直前に投入されたラッシュフォードとサンチョについて「ワンタッチしただけでPKキッカーを務めるのは、現実的にとても難しい」と、PK要員としての起用の難しさについても語っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」