カンナバーロ元代表監督、中国にW杯出場の“ノルマ”設定 「スーパーリーグの状況は悪い」

中国代表を率いた経験を持つ広州FCのカンナバーロ監督【写真:Getty Images】
中国代表を率いた経験を持つ広州FCのカンナバーロ監督【写真:Getty Images】

スーパーリーグの凋落に歯止めをかけるためにもW杯出場が「非常に重要」と主張

 中国(FIFAランク77位)は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で日本(同28位)、オーストラリア(同41位)、サウジアラビア(同65位)、オマーン(同80位)、ベトナム(同92位)と同組となった。中国にとっては厳しい戦いとなるが、元イタリア代表DFで、2019年には中国代表を率いた経験もあるファビオ・カンナバーロ監督は、「ワールドカップに出場することは非常に重要だ」と中国サッカーの命運を握る問題だと見解を述べている。中国メディア「新浪体育」が報じた。

 最終予選は9月2日に開幕し、来年3月29日の最終節までホーム&アウェー方式の10試合で争われる。アジアの出場枠は開催国カタールのほかに「4.5」で、各組上位2チームがW杯出場権を獲得。3位チームはプレーオフに回り、勝者が大陸間プレーオフに臨み最後の1枠を懸けて争う。国際サッカー連盟(FIFA)が発表したランキングでアジア最上位となり、イランとともにポット1に入った日本は、2018年ロシアW杯の最終予選でも戦った強豪オーストラリア、サウジアラビアとグループBで同居。そしてポット4からは、FWエウケソンらを帰化させて強化している中国が入った。

 2002年の日韓W杯以来となる出場を目指す中国だが、元中国代表監督で2022年W杯のアドバイザーを務めるボラ・ミルティノビッチ氏は、「中国はほかのチームよりも厳しい戦いになる」と見解を述べていた。

 広州FC(前広州恒大)で指揮を執り、2019年には兼任で中国代表を率いた経験もあるカンナバーロ監督は、中国リーグの現状が深刻だと捉え、代表チームがW杯に出場できるかは国内サッカーの在り方にも大きな影響を及ぼすとしている。

「(中国1部)スーパーリーグのレベルは2017-18シーズンにピークへ達した。それまでは巨大な投資と成長があった。現在は大物選手やコーチがあり、解雇もあった。中国には大きなポテンシャル、アイデア、資金を備えているから、状況としては悪い。ワールドカップに出場することは非常に重要だ。それは特別な助けになる。ただ、そうでなければ困難が待ち受けている」

 2010年代の中国スーパーリーグはバブルに沸き、MFパウリーニョ、MFオスカル(上海海港)、FWフッキ(現アトレチコ・ミネイロ)らブラジル代表経験者を中心に巨額の移籍金を支払う“爆買い”を敢行。当初はスター獲得によるチーム力向上の好循環を見せていたが、膨らみ続ける人件費により、クラブが多額の負債を抱えるようになった。江蘇(前江蘇蘇寧)は親会社「蘇寧グループ」の経営不振のあおりを受け、今年2月に活動停止。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場を辞退し、中国スーパーリーグからも脱退した。山東泰山(前山東魯能)も選手への給与未払いによりACL出場に必要な資格を剝奪されるなど、リーグの凋落は顕著だ。

 これらの“負のスパイラル”に終止符を打つためにも、中国はカンナバーロ監督が言うように、W杯出場のミッションを果たせるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」