鮫島彩、初代ユニフォームのモデル担当で主将が反応 「サメちゃん着るとよりいい!!」

新ユニフォームのモデルを務めた大宮VのDF鮫島彩【写真:©WE LEAGUE】
新ユニフォームのモデルを務めた大宮VのDF鮫島彩【写真:©WE LEAGUE】

WEリーグは「X-girl」のユニフォームを採用 鮫島はさいたま市大宮盆栽美術館で撮影

 2021年9月にスタートする日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」は6日、レディースストリートウェアブランド「X-girl」によりデザインされた新ユニフォームデザインを発表。大宮アルディージャVENTUS(大宮V)はDF鮫島彩がモデルを務め、キャプテンも「サメちゃん着るとよりいい!!」と反応している。

 WEリーグは、2021-22シーズンに参戦するマイナビ仙台レディース、大宮アルディージャVENTUS、ちふれASエルフェン埼玉、ジェフユナイテッド市原・千葉レディース、ノジマステラ神奈川相模原、AC長野パルセイロ・レディース、アルビレックス新潟レディースの7チームが着用する「X-girl」のユニフォームを発表。デザインには、「人と違うことを恐れない。ファッションも、夢も、自分らしい個性を放ちながら生きていく。一人一人が自分の個性を愛し、自分らしい選択を誇ることを応援する」という思いが込められている。

 そのなかで、大宮Vは男子トップチームの今季ユニフォームと同様のデザインを採用。フィールドプレーヤー・1stのユニフォームは、さいたま市の伝統産業である「盆栽」をモチーフにした個性的なデザインで、フィールドプレーヤー・2ndのユニフォームは、古くから鉄道の町として知られる大宮からインスパイアされた「線路」をモチーフにし、選手たちが地域の人々の思いも乗せて、アウェーでの厳しい戦いに挑む姿を表現している。

 WEリーグ公式ツイッターによれば、ポートレートは各クラブのホームタウンをバックにしており、大宮Vはさいたま市大宮盆栽美術館にて撮影。モデルはベテランの鮫島が務めた。これに、大宮Vのキャプテンに就任したDF有吉佐織は、インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で「記念すべき初代のユニフォーム。ユニかわいい!! サメちゃん着るとよりいい!! #みんなのサメちゃん」と反応していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド