「美しいシャツ」 ユーベ、来季“アウェー用ユニフォーム”画像流出に反響「新しい外観」

ユベントスの来季アウェー用ユニフォームが話題(写真は来季のホームユニフォーム)【写真:Getty Images】
ユベントスの来季アウェー用ユニフォームが話題(写真は来季のホームユニフォーム)【写真:Getty Images】

来季用のアウェーユニフォームの画像が流出、黒を基調とした珍しいデザイン

 イタリアの名門ユベントスは、今季のセリエAで前人未到の10連覇に挑むもののアンドレア・ピルロ監督の下で思うように機能せず4位に終わった。来季復権に向けてマッシミリアーノ・アッレグリ監督が復帰。また先月には新しいホーム用ユニフォームがお披露目となったなか、2021-22シーズンのアウェー用ユニフォームの画像が流出。黒を基調とした珍しいデザインの一着に、海外ファンからは「美しいシャツ」など好意的な声も寄せられている。

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの去就に大きな注目が集まる今夏のユベントスだが、新シーズンに向けた準備は着々と進んでいる。5月18日には、2021-22シーズンのホームユニフォームのデザインを正式発表。クラブの象徴であるビアンコネロ(白と黒)のストライプが、シンプルに表現された一枚となっている。

 そうしたなか、ユニフォーム関連に特化した海外メディア「Footy Headlines」は、ユベントスの21-22シーズン用の新アウェーユニフォーム画像が流出したと報じた。「興味深い新しい外観をもたらす」とされたデザインには2つの特徴があり、1つは光沢のある肩の3本線がオレンジからピンクへのグラデーションになっていること。そしてもう1つが、細い縫い目のようなストライプが全体に入っていることだ。

 この流出画像を「Footy Headlines」が公式ツイッターにも投稿すると、ファンからは否定的な意見もあったものの、「美しいシャツ」「実際にかなり良い」といった好意的なコメントも寄せられていた。このとおりのデザインになるかは不明だが、来季のユベントスは今までとはひと味違うアウェーユニフォームを着て戦うことになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング