2列目トリオは「ポテンシャルを見せつけた」 英記者が東京五輪世代の“才能”を絶賛

三笘が終盤で起用されること自体が「才能の層の厚さ」を示すもの

 そして、MF三笘薫(川崎)のことも忘れてはいけない。ベンチスタートとなったものの、限られた時間のなかで近年のJリーグで示している高いクオリティーを示し、見事な連係から圧巻のゴールを奪うことにも成功した。三笘が終盤で起用されること自体が、森保監督の抱えている才能の層の厚さを示すものであり、日本代表が一層強力なものになっていく根拠とも呼べるだろう。

 ここから首脳陣が、どんな人選を進めていくのか興味深い。ジャマイカ戦で同じようなメンバーで固めるのか、もしくは陣容をミックスさせて、他の選択肢を模索していくのか――。

 いずれにしても、このチームのクオリティーは保証済みだ。メンバーを入れ替えたとしても、チームのパフォーマンスにさほど変わりはないかもしれない。

(マイケル・チャーチ/Michael Church)

page1 page2

マイケル・チャーチ

アジアサッカーを幅広くカバーし、25年以上ジャーナリストとして活動する英国人ジャーナリスト。アジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ6大会連続で取材。日本代表や日本サッカー界の動向も長年追っている。現在はコラムニストとしても執筆。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング