「勝って当たり前と思われて当然」 2年ぶりA代表復帰の昌子、U-24代表戦勝利に意欲

2年ぶりの代表復帰となったDF昌子源【写真:Getty Images】
2年ぶりの代表復帰となったDF昌子源【写真:Getty Images】

昌子にとっては吉田麻也、冨安健洋が不在の間にアピールするチャンス

 日本代表は3日、札幌ドームで開催予定だったキリンチャレンジカップ・ジャマイカ戦が中止となり、U-24日本代表とのチャリティーマッチを実施することが急遽決定した。2年ぶりの代表復帰となったDF昌子源(ガンバ大阪)は1日のオンライン会見で、「A代表は勝って当たり前と思われて当然」と語っている。

 キリンチャレンジカップのジャマイカ戦開催にあたり、JFAの管理下で厳格な新型コロナウイルスに対する防疫措置を施し準備を進めてきた。しかし、アメリカとヨーロッパの二手に分かれて来日予定だったジャマイカ代表において、5月30日のフライトでアムステルダムから来る10選手が、「PCR検査の結果に不備があるとして、搭乗カウンターで乗れなかった」ため、義務付けられた試合3日前の5月31日に日本に到着できなくなり、開催中止の決断に至った。

 日本代表は代わりに、3日にU-24日本代表とチャリティーマッチを行うことが正式決定。年代別代表との対戦になるが、昌子は「勝って当たり前というのは、A代表は思われて当然だと思います」と率直な感想を語る。

「代表は常にプレッシャーだったり、いろんな圧がかかっている場。それが試合当日になれば、いつもより圧を感じるかもしれませんが、どの試合も勝ちを目指すので、相手がジャマイカでもU-24でも変わらない。もちろんオーバーエイジを含めてU-24が素晴らしいことは承知していますが、負けられないと思っていますし、しっかり勝って、勝ちを目指すのが当たり前かなと思います」

 ジャマイカ戦中止に関して、まだ森保監督との会話はないというが、昌子は「昨日、顔を合わせて、日本代表として全員がこのユニフォームを着る責任を持って戦ってほしいと言われた。そのまま相手がU-24であっても、気持ちを持っていかないといけない」と兜の尾を締める。

「サッカーは本当に勝負ごとで、試合になれば両チーム本気で戦うのは当たり前です。でも、両チームとも素晴らしいチームですし、いい勝負になると思っています。互いが互いのプライドをかけて戦わないといけませんし、勝ちを目指さないといけません。結果やそのあとを含めたことは、そのあとに話します」

 昌子にとっても、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(ボローニャ)がU-24代表活動に回っており、アピールのチャンスとなるだけに、“本気モード”のプレーが見られそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング