ムバッペ、PSG新ユニフォームのモデル起用でスペイン紙言及 「来季も残るサイン」

パリ・サンジェルマンでプレーするFWキリアン・ムバッペ【写真:Getty Images】
パリ・サンジェルマンでプレーするFWキリアン・ムバッペ【写真:Getty Images】

21-22シーズンの新ユニのモデルに起用 契約延長したネイマールとコンビ継続か

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)が14日、来季2021-22シーズンに着用する新ユニフォームを発表。そのモデルとして、移籍が噂されるフランス代表FWキリアン・ムバッペが起用されたことを受け、スペイン紙「マルカ」は「来季もパリに残るサインだ」と去就について報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ムバッペとPSGの契約は2022年6月末までとなっており、今後の去就問題が注目されている。契約延長交渉はすでに開始されているようだが、レアル・マドリードなどへの移籍の噂は絶えない。

 しかし、ここにきてムバッペ残留の兆候が見えているようだ。PSGは14日、21-22シーズンに着用するジョーダンブランドとコラボした新ホームユニフォームを発表。その着用モデルとしてムバッペが起用された。

 クラブの顔となる選手が務める役回りなだけに、マルカ紙は「フランス人(ムバッペ)が来季もパリに残るサインだ」とムバッペ残留の可能性が高まったとして報じている。

 PSGは先日、ブラジル代表FWネイマールが2025年まで契約延長を発表したばかり。常に退団の噂がついて回るが2人だが、PSGが誇る超強力ホットラインは来季も継続となりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング