ボクシングで和解!? インテル監督とエースの“即興リングバトル”に海外メディア注目

インテルのFWラウタロ・マルティネスとアントニオ・コンテ監督【写真:AP】
インテルのFWラウタロ・マルティネスとアントニオ・コンテ監督【写真:AP】

ローマ戦でコンテ監督がラウタロを叱咤する光景が話題となるも、ラウラロが謝罪

今季、11年ぶりのセリエA優勝を決めたインテルは、エース格のアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスとアントニオ・コンテ監督が、現地時間12日のリーグ第36節ASローマ戦(3-1)で衝突。指揮官が叱咤する様子が話題となっていたが、和解したようだ。

 第34節終了時点でセリエA優勝を決めた新王者インテルは、ローマ戦で前半11分にクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾヴィッチが先制ゴールを決めると、同20分にはウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノが追加点。その後1点を返されたが、試合終了間際にベルギー代表FWロメル・ルカクのダメ押し弾でリードを広げ、3-1で勝利を収めた。

 そのなかで、マルティネスは先発していたチリ代表FWアレクシス・サンチェスが負傷したため、前半36分にピッチに立ったが、後半32分にFWアンドレア・ピナモンティとの交代を告げられた。

 ピッチを退く際、マルティネスはコンテ監督に睨むような視線を送るが、監督はまったく見向きもせず。苛立っている様子のマルティネスは、ベンチに戻る途中で地面にあったペットボトルを思い切り蹴り飛ばしたのだった。その直後、コンテ監督はマルティネスのほうを向くと、指を差しながら叱咤。衛星放送「スカイ・スポーツ」イタリア版によると、「リスペクトしろ! 誰に向かって怒っているんだ? 二度とそのような態度を取るな!」と言ったようで、怒鳴りつけられたマルティネスはユニフォームを脱ぐと、地面に投げ捨てていた。

 ただ、両者の関係に問題はないようだ。アルゼンチンのスポーツ専門局「TyCスポーツ」は、「ローマ戦後、ラウタロ・マルティネスとアントニオ・コンデがリングで“ボクシング”」との見出しで最新情報をレポート。マルティネスは翌日のトレーニング前にコンテ監督に自らの行動を謝罪し、チームメートらにバーベキューも振る舞ったという。

「ラウタロはローマ戦の自分の態度をコンテ監督に謝罪。トレーニング後、ロメル・ルカクをプレゼンターとして、マディソンスクエア・ガーデンに見立てて即興でリングを作り、手袋をはめ、バトルをシミュレーションした。ラウタロとコンテは笑いに満ちたリラックスした瞬間の主人公だった」

 記事では、このように報じられ、米ニュースネットワーク「CNN」スペイン語版も「ラウタロとコンテが、ルカクをホストにボクシングの試合に挑戦」と、ユーモアにあふれた和解に注目していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング