「気の毒」 ムバッペ、CL“タイトル逸”で現地指摘「移籍の必要があるかもしれない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ【写真:AP】
パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ【写真:AP】

負傷の影響で準決勝第2戦のシティ戦で“出番なし”…「最も悲しいCL敗退」

 パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペは現地時間4日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦のマンチェスター・シティ戦でベンチ入りするも、負傷の影響で最後までピッチに立つことはなかった。準決勝敗退の瞬間をピッチの外で迎えたストライカーについて、スペイン紙「マルカ」は「最も悲しいCL敗退」と報じた。

 本拠地第1戦を1-2で落とし、逆転のためにゴールが必要なPSGだったが、この試合を前にFWムバッペがふくらはぎを負傷。欠場の予想もあったなかでベンチメンバーには名を連ねたが、最後まで出番が訪れることはなかった。

 ムバッペ不在のチームはシティ相手に沈黙。逆にアルジェリア代表MFリヤド・マフレズに2ゴールを決められ、アウェーでの第2戦は0-2の完封負けとなった。2戦合計スコアは1-4で昨季に続く2季連続決勝進出を逃した。

 スペイン紙「マルカ」は「ムバッペの最も悲しいCL敗退」とピッチに立つことなく敗れたムバッペに注目。大一番で文字通りノーインパクトに終わったことを受け、「彼を気の毒に思わずにはいられない」と22歳のストライカーに同情した。

「パルク・デ・プランス(PSGの本拠地)での将来が危ぶまれているなか、彼がヨーロッパを制覇するためには移籍する必要があるかもしれない」

 同紙はこのようにムバッペ移籍の可能性についても言及している。PSGではいくつものタイトルを獲得。フランス代表としてワールドカップ優勝も経験し、次期バロンドールの有力候補でもあるムバッペだが、CLのタイトルには手が届いていない。レアル・マドリードなどへの移籍の噂は絶えないが、ベンチから眺めたこのシティ戦がPSGでのCLラストゲームとなってしまうのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング