ペップがまたも禁断の引き抜きを画策!? マンCが125億円で”ブンデス最強FW”獲得に動くか

英紙報じる 実現すればアグエロとの脅威のタッグを結成

 来季からマンチェスター・シティを率いるバイエルン・ミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督が、仁義なき引き抜きを画策している。シティがバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキを移籍金8000万ポンド(約125億円)で獲得する可能性が浮上している。英地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」が報じている。

 スペイン人の知将は3年間指揮を執ったバイエルンでリーグタイトルを独占するなど、手腕を示している。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を果たせなかったことから、自らのミュンヘンでの執政を「失敗」と自己批判。シティではプレミアリーグ優勝とバルセロナ時代以来となるCL制覇に挑むことになるが、ここにきて衝撃の”愛弟子引き抜きプラン”が浮上している。

 同紙では、シティがレアル・マドリード、アーセナルが獲得に乗り出しているレバンドフスキの争奪戦に参戦するとレポートされている。移籍金は125億円で、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロと欧州屈指のタッグを結成させ、タイトル奪回に向けて勢いをつける方針だとレポートされている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング