守田英正、モンゴル戦でA代表初ゴール! 日本代表の4点目で攻撃でも存在感

A代表初ゴールを決めたMF守田英正【写真:高橋 学】
A代表初ゴールを決めたMF守田英正【写真:高橋 学】

3-0でリードするなか前半33分にA代表初ゴール

 日本代表MF守田英正(サンタ・クララ)が30日、フクダ電子アリーナで行われているカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選モンゴル戦でA代表初ゴールを決めた。3-0とリードする前半33分、MF伊東純也(ヘンク)の折り返しを落ち着いて決めた。

 日本の新たな中盤の顔がゴールで魅せた。MF南野拓実、FW大迫勇也、MF鎌田大地のゴールで3-0とリードする前半33分、この日A代表デビューのDF松原健から伊東へとつなぎ、中央で待つ守田へマイナスのパス。中盤からペナルティーエリア付近まで上がっていた守田が冷静にゴールへと沈めた。

 国際Aマッチ5試合目の出場で、公式戦初出場となった守田。韓国戦(3-0)でMF遠藤航とボランチのコンビを組み、圧倒的なプレーを見せた守田が、今度は得点という形で存在感を発揮した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド