左サイドの南野、“トップ下”鎌田との共演に自信 「被らないようにプレーしたいと…」

日本代表MF南野拓実とMF鎌田大地【写真:Getty Images & AP】
日本代表MF南野拓実とMF鎌田大地【写真:Getty Images & AP】

韓国戦では左サイドハーフで先発「トップ下が一番やりやすいけど…」

 日本代表は30日に、フクダ電子アリーナでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選モンゴル代表戦に臨む。MF南野拓実(サウサンプトン)は29日にオンライン取材に応じ、25日に行われた国際親善試合の韓国代表戦(3-0)での左サイドハーフ起用について、日本代表での“定位置”だったトップ下のMF鎌田大地(フランクフルト)との関係について「割と上手くいった部分があったかなという手応えは感じている」と振り返っている。

 30日に行われるモンゴル戦は日本にとってアウェーゲームながら、新型コロナウイルスの感染状況などが考慮され、異例の日本開催が2月に決定。会場として千葉のフクダ電子アリーナが選ばれ、無観客試合として開催される。

 グループFの日本はここまで4連勝で首位を快走。一方のモンゴルは1勝5敗の最下位となっており、2019年10月10日の前回対戦では日本が6-0と大勝している。格下相手となる一戦に向けて、森保一監督は「韓国戦から大きく変えようとは思っていない」とした一方、「3バックをやるのもありかなと思っている」とシステム変更の可能性も示唆している。

 南野は25日の韓国戦で、4-2-3-1の左サイドハーフとして先発した。日本代表ではこれまでトップ下が定位置だったが、今冬に期限付き移籍したサウサンプトンでは主に左サイドで出場している。南野自身は「トップ下が一番やりやすいポジションではあるけど、チーム(サウサンプトン)でも左でプレーしている。どこでプレーしてもチームの力になれる」と語る。

 そのうえでトップ下の鎌田との関係について問われると、「僕はどちらかと言えば中でプレーしたいタイプ」としたうえで、次のように手応えを口にしている。

「大地と被らないようにプレーしたいと話していて、大地も周りを見ながらポジショニングをしてくれていたし、大地のポジションを気にしながら被らないようにしようと心がけていた。こちらのカウンターの時とか、大地のところのスペースを上手く使ってゴールした部分もあったと思う。割と上手くいった部分があったかなという手応えは感じている」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド