「どれだけ怒り狂ったか」 C・ロナウド、“誤審被害”疑惑を海外指摘「ぼったくり」

激怒してタイムアップ前にピッチを去ったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】
激怒してタイムアップ前にピッチを去ったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】

後半アディショナルタイム、シュートはゴールラインを割るも得点ならずドローで終了

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間27日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループA第2節セルビア戦(2-2)の後半アディショナルタイムにゴールラインを割ったはずの一撃がノーゴールとされ、激怒してタイムアップ前にピッチを去った。海外メディアも「ぼったくり」「彼がどれだけ怒り狂ったか」と報じている。

 試合は前半11分、ポルトガルがロナウドからボールを受けたMFベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)がゴール前にクロスを供給。ファーサイドのFWディオゴ・ジョッタ(リバプール)が反応してヘディングで合わせ、先制ゴールを奪った。

 前半36分にもジョッタが追加点を奪ったポルトガルだったが、後半に2失点を喫して同点のまま最終盤へ。後半アディショナルタイムにセルビアが退場者を出した直後、ポルトガルにビッグチャンスが舞い込んだ。

 DFヌーノ・メンデス(スポルティングCP)の浮き球のパスをロナウドがペナルティーエリア右で受け取ると、ロナウドはワンタッチでシュート。ボールはゴールラインを割ったかと思われたが、得点は認められず、そのまま試合終了となった。

 ロナウドは副審に詰め寄ってゴールをアピールしたが、ゴールラインテクノロジーやVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)はなく、判定は変わらず。タイムアップの笛が鳴り響く前に、ピッチを去り始めていた。

 怒りの収まらないロナウドは試合後、公式インスタグラムに「自分は国のためにいつも全力を尽くしている。これからもずっと全力を尽くす。それは絶対に変わらない。だが、国全体が損害を受けた時は難しい瞬間もある。顔を上げて、すぐに次の戦いに臨もう」と綴っていた。

 ポータルサイト「ヤフー・スポーツ」オーストラリア版は、「ぼったくり」と強烈なフレーズを見出しに取り、「信じられないドラマのあとに怒ってピッチを出ていく:クリスティアーノ・ロナウドは腕章を外し、ピッチを出たところで地面に投げつけた」と伝えた。また、英メディア「Football JOE」も「ロナウドは93分、ドラマティックな決勝弾を決めた。しかし、ゴールラインを越えていないと判定された。どれだけ彼が怒り狂ったか分かるだろう」と報じている。

 気持ちを切り替えていたロナウドだが、悔しい思いをしたのは間違いないだろう。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング