ハーランド、現役選手がプレミア挑戦に太鼓判 「リーグを破壊する8~10年になる」

ドルトムントのノルウェー代表FWハーランド【写真:AP】
ドルトムントのノルウェー代表FWハーランド【写真:AP】

史上最速でCL通算20得点到達 QPRのオースティンは一番合うリーグはプレミアと持論

 ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは、現地時間9日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦のセビージャ戦(2-2)で2得点を挙げ、CL通算20ゴールに大会史上最速となる14試合で到達した。昨年1月のドルトムント加入から公式戦47試合で47得点と勢いの止まらない20歳神童を、元プレミアリーガーらが絶賛している。

 セビージャ戦で先発出場したハーランドは前半35分、敵陣左サイドを抜け出したドイツ代表FWマルコ・ロイスからの折り返しを左足で押し込んで先制点を奪うと、後半9分にはPKで追加点を奪取。チームのCLベスト8進出へ貢献した。

 その驚異的な決定力から、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやポルトガル代表クリスティアノ・ロナルドと比較されてきたハーランド。かつてトッテナムなどプレミアリーグでプレーしたイングランド人MFジェイミー・オハラ氏は英ラジオ局「talkSPORT」で、「彼の性格やサッカーへの取り組み方からして、4、5年後には世界最高のプレーヤーになっていると思う」と高く評価している。

 また、ハーランドにはレアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、リバプールなど、多くのビッグクラブが関心を寄せていると伝えられているが、QPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)に所属する31歳のイングランド人FWチャーリー・オースティンは、現在のバルセロナやレアルのレベルが数年前ほど高くないことを考えると、ハーランドにとってベストなリーグはプレミアだと主張した。

「彼は向上するのみで、これからさらに高いレベルに達するだろう。どのリーグだとしても、20歳で14試合20ゴールはとんでもないことなのに、ましてや欧州最高峰の舞台で成し遂げるなんて。プレミアリーグに参戦したら? 彼がプレミアリーグを破壊する8〜10年になるだろう」

 怪物ハーランドはブンデスリーガから飛び出し、プレミアリーグでプレーすることはあるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング