メッシ、意地の25m弾丸ミドルに海外称賛 「信じられない質」「言葉がない」

バルセロナFWメッシ【写真:AP】
バルセロナFWメッシ【写真:AP】

前半37分、ドリブルから左足を一閃して華麗なミドル弾を突き刺す

 バルセロナは現地時間10日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。1-1で引き分け、2戦合計スコア2-5でベスト16敗退となった。第1戦の大敗が響いたなかで、エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの意地の一撃に海外メディアも注目している。

 バルセロナは2月16日にホームで行われた第1戦で、フランス代表FWキリアン・ムバッペにハットトリックを許すなど1-4で大敗。大きなビハインドを背負って迎えた敵地での第2戦も、前半30分にPKで先制を許し、苦しい状況に追い込まれる。

 しかし、前半37分にメッシが一矢報いた。敵陣のアタッキングサード付近でMFペドリからの横パスを受けると、前が空いていると見るやドリブルから左足を一閃。約25メートルの距離からコスタリカ代表GKケイラー・ナバスもノーチャンスの弾丸のような一撃が、ゴール左上隅に突き刺さった。

 テレビチャンネル「Eleven Sports」は、公式インスタグラムで「言葉がない」とゴールシーンを紹介。オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターも、「信じられないクオリティーの一撃だ。アルゼンチン人が天才の輝き」と称えた。

 もっとも、メッシは前半アディショナルタイムにキッカーを務めたPKを失敗しており、チームのCLベスト16敗退という結果も相まって、ほろ苦い試合となってしまった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング