レアル、アウディ贈呈の高級車金額に注目 ベンゼマは“最下位”の680万円?

レアルのトップチームがアウディ新車モデルを受け取った【写真:Getty Images】
レアルのトップチームがアウディ新車モデルを受け取った【写真:Getty Images】

22歳バルベルデは主将ラモスを超える2000万円相当の「RS Q8 quattro」を選択

 スペインの名門レアル・マドリードは、ドイツの自動車メーカー「アウディ」がクラブ公式スポンサーについている。今回、トップチームに所属する選手とジネディーヌ・ジダン監督の計23名がアウディから新車を受け取ったが、海外紙はその金額に注目している。

 レアルの選手とジダン監督は、今季ホームゲームが開催されているエスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノでアウディの新車を受け取った。

 スペイン紙「マルカ」は、「レアル・マドリードの選手が新しいアウディを受け取る。誰が最も高価な車を持っている?」と全モデルと推定金額をリストアップしていたが、ドイツ紙「エクスプレス」も「フェデリコ・バルベルデは最も高価な車を選んだ」と取り上げている。

 トップ3はウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデの「RS Q8 quattro」(約2050万円)、ブラジル代表MFカゼミーロの「RS 7 Sportback quattro」(約1900万円)、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスとジダン監督の「RS 6 Avant quattro」(約1820万円)。結果的に最も安価となったのが、元フランス代表FWカリム・ベンゼマの「Q5 40 TDI quattro」(約680万円)だった。

 記事では、「最も高価なモデルは、主将セルヒオ・ラモスやスターFWのカリム・ベンゼマではなく、ウルグアイのフェデリコ・バルベルデによって選ばれた。ドイツ代表MFトニ・クロースは控えめにQ8モデルを選択。それは286馬力で、8万6450ユーロ(約1110万円)の価値がある」と伝えている。

 高額年俸を受け取る“銀河系軍団”だけに、選手たちの車の金額も大きな注目を集めていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング